Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

国が一掃され、世界が一新される前ぶれの時期。

投稿日:

いま、国民が自粛することで、意識が変わり、衛生面が保たれたり、交通事故死は減っているかも知れない。

だけど、外部メディアでは、外に出てランニングしている人に対してよってたかって注意を促しているという。

外でランニングしている人たちと、密閉された空間で数字を報告して議論している人たち、どちらが健全だろう?

ともかく、この問題の最前線で国のライフラインを支えている人たちがいることは確か。

食品業者、看護師、介護施設、病院スタッフ、小売店の人には頭が下がる想いだ。

コンビニではレジの前にビニールシートをかける対策をしていて、病院では体温計が用意され、感染者が出ないよう厳重に管理されている。

コンビニやスーパでは自動レジの導入や、病院のではインターネットの遠隔診察の導入が待たれるところ。

この問題で、自分を大切にすること。他人を守る事。など、学ばされている気がする。

テレビを垂れ流して、情報ばっかに気取られ、不安と恐怖が煽られて本質が見えなくなる。

外出自粛と共に、情報自粛も必要だ?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不安な時に使いたい言霊。

このセカイをながく経験してみると、否定や挫折は避けては通れない道だったと氣づく。 それは必要な体験であったとしても、後遺症としていまだ精神を苦しめる現実。 否定や挫折に慣れてしまうと知らない「内に邪の …

Google Earthで南極探検。

昨夜、Google Earthで南極を探検していたらおもしろいバグを見つけました。 この穴の中を拡大してみると、星のように輝くものがありました! これは一体? なんの輝きなのか? Google Ear …

生活リズム

みんなそれぞれ、一日の計画や予定など、生活のリズムがあると思います。 僕は会社員の頃、毎日決まった時間に起きて通勤して就業して家に帰ってを繰り返した。 今思えばロボットのような、強制と管理と拘束と抑圧 …

言葉は生命

言葉は精神に宿り、精神は魂を燃やし、磨き、整える。だが、否定の言葉を受けつづけていると、精神は廃れ、魂は腐る。より一層、言葉に気おつけなければならない。

夏のなごり

まだまだ暑い。