Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

SDGs

綺麗ゴトが自分ゴトになる時代

投稿日:

今年の6月から海を綺麗にする活動を個人で進めています。目的は「地球を公園(遊び場)にする」です。立場や年齢関係なく、誰もが自然という道具を使い「嬉しい、楽しい、気持ちいい」を発見できる。そんな制限のない居場所があったらいいなという思いを持って活動しています。

しかし、これを社会活動としてやっていくにはわたし1人の知識では限界を感じています。人間に欲という感情がある限り、物は生まれ、ごみは増えつづけるでしょう。地球に寿命があってもおかしくありません。もしかすると地球は何度も生まれ変わっている星☆なのかも知れません。

わたしは「神」という自分の意思を超越した存在を信じられずにいました、自分が神の一部(創造主)なんだと思っています、しかし、もしかすると、この地球という星は、自分とは別の神とされる大きな光が作り出した実験の場ではないかと思うようになりました。

私たち人間は試されている。だとしたら、この地球に生まれた意味は一人一人にあり、無駄な人生などないように思います。SDGsを通して、わたしができることをわたしなりに全力でやれるよう自分の精神を整え、目指すビジョンへ向かっていきたいと思います。

-SDGs

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラスティックは本当に悪なのか?

プラスティックとともに生きる 今や私たちの暮らしに欠かすことのできないプラスティック。海ゴミ問題について調べていくと、面白い発見や疑問がたくさん見つかります。 プラスティックを削減する活動をする中で、 …

SDGs つくる責任 つかう責任とは

この動画はモスバーガーでの店員とのやりとりを記録したものです、営業妨害をしたいという悪意はありません。僕はモスバーガーが大好きです。 AVAssetExportPreset960x540 僕はモスバー …

海洋ゴミの行方〜物質世界はやがて自然と一体化する地球の未来

こんにちわ、いしくれです。先日、海洋ごみの行方について、有益な情報を得たので記録としてブログに残しておこうと思います。 持続可能な未来の取り組みは実現される 普段、何気なく使っているペットボトルやビニ …

海ゴミ問題。日本の片隅で見えた景色

VLOG 愛知県一色町より、SDGs活動動画。 AVAssetExportPreset640x480 本日は愛知県一色町の海岸でゴミ拾いをしました。ここは近くに学校があり、そこを卒業された生徒さんが書 …

あるひとりの環境活動家の声から人間活動について考える。

先ほど国連でスウェーデンの16歳の女の子、グレタ・トゥーンベリーさんが地球温暖化について怒りのスピーチをしたことが話題になっています。 グレタさんの主張は勇気ある行動であると賞賛される一方で、批判的な …