Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

脳の奥が痛い1日。

投稿日:

書きたいことはある。だが、書きたいことを文字にできないこともある。

混乱しているわけではない。ただ、抑圧されたものが脳を揺さぶってくるのだ。

僕の欲望は満たされることはないのだろうか?いや、意思を持てばそのようになる。

エクピテトスは言う。

自分に欠けているものを嘆くのではなく、自分の手元にあるもので大いに楽しむものこそ賢者である。

僕はきっと、多くのムダを持ちすぎている。減らして行こう。いらないものを。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分自身に向けたメッセージ

過去にこだわりすぎてはいけない。昨日までの自分は終わり。いい経験は糧として残す。過去は過去のままでいい。笑って忘れる。病気やトラブルがあったとしても感情的にならず、事務的に淡々としていけばよい。心配す …

競争の本質

昭和という時代は、決して平等で公平な社会ではなかった。 表向きは平和に見えたが、歴々と存在した格差社会のなかで逃げ場などなかった。 戦わなければ下流へと埋没して行くだけの低次元な世界であった。 僕らは …

秋の夕暮れ

犬を散歩するいつもの公園で夕暮れに照らされるメタセコイアが綺麗でした。 犬も黄昏てました。 と、いうのはウソです(笑 帰りたそうでした^^; すごく綺麗!だけど、冬だというのに暑い!今日の気温は18° …

秋は三日月

秋のひととき。 まだ暑さ残る秋の夕暮れ。 金色から紫色に染まりゆく空。 別次元に行きたくなる。 そんな空間。 さよなら黄昏。

風の強い日

最近はスロースターター。 起きあがるのに時間がいる。 それでいいやと思っている。 でも、やるときはやる! 時の流れが早く感じる。 今日は風の音が聞こえる… 春風かな!? 3月だからな。 情報をとってな …