Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

自分も相手も許す。愛をもって見守ることがすべて(親子関係)

投稿日:

最近は親子問題で感情を煽られることが多くなって気持ちが沈んでしまいます。

ですが、このまま沈んでいては自分も家族も自立できず幸せにれないと感じています。

親は容赦なく僕を責めてくるけど、それが彼らなりの愛情なのかも知れません。

両親は家の土地を守るため、一生懸命、仕事をがんばっていました。

僕には自分を犠牲にしてまで家族を守ることはできないと思いました。

だからスゴイんです!僕の両親ってめちゃくちゃ頑張り屋さんなんです。

鎖に繋がれた石を外せないんです。そう教育されてきた人たちなのだから。

ですが僕には行ってみたい場所があります。ただ環境を変えたいんです。

自分が主体でいられる静かな場所に行って、そこで新しい人間関係を築きたい。

とにかくネガティヴな感情があるときは意識して精神を整える。

ネガティヴなときこそリラックス。できるかぎりその環境から離れること。

それしかできない。それでいい。とにかく少しずつ、身の回りのゴミを捨て、

憎しみの感情を手放して、ありのままで過ごしていこうと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体調不良の原因はなに?

今日は3ヶ月ぶりに美容院に行って髪を切ったのだけど、貧血になってしまった。 美容師さんに水をもらい途中で帰ったけれど吐き気がなかなかひかず大変… 寒暖の差が激しすぎる事も理由にあげられるが、睡眠不足、 …

自分…とは

自分という存在とは何か?全体の中のひとつか?ひとつの個としての存在するのか? 僕から自分はという自我、自分対他人の境界が消えたとき、本質に気づけるだろう。 今は古くからの情報を親から押しつけられる。「 …

人には踏み入れてはいけない領域がある。「わきまえる」という事を念頭におこう。

人には踏み入られたくない領域というものがある。過去の過ちだったり、トラウマだったり、そういったストレスは避けられないものだろう。だからこそ、物事の違いを見分けるチカラが必要とされている。マスクやソーシ …

寄り添うこと、付き添うこと。

「寄り添う」とは、体をそばに寄せ、心を寄り添い、相手の気持ちを理解する意。 「付き添う」とは、弱い者や小さな者のように世話や保護を必要とする者のそばにいる意。 今日は母親からスマホの機種変更に付き添っ …

充実の痛み

リフティングの練習もまた一時間をこえるようになってきた。とにかく無心。 だが、修正する意識は持っている。今日は色んな技を試した。 脚が痛い…でもこれは成長痛。私の挑戦はまだまだまだまだ… つづく。