Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

ありのままの自分を受け入れるために必要なこと

投稿日:

私が人生に何かを求めるのではなく、人生が私に何を求めているのか?これを問い続けることが、自己超越の生き方である。ヴィクトール・フランクル

昨晩、友人の愚痴を電話で6時間、聞き続け、氣が滅入ってしまった。私と友人は他者と比べて満たされない欠乏感を共有している。

金が…親が…国が…どうせ…繰り返される否定的な会話、私は友人の話を聞きながら、自分の主張を控えることに徹した。

私たちは欠乏感の正体を突き止めている。だからなおさら、欠乏感を埋めるため、欠乏感の理由となる人達を攻めるのだ。

解決策は、、ない。現状起きていることを受け入れるしかないのだ。解決策は相手を赦し、自分を許す事、でもそんなに簡単じゃない。

前記したヴィクトールフランクルの言葉は「ありのままの人生を赦す」という捉え方ができる。最初、私には理解できなかった。

でも、人生に、ではなく、人生が、にすると、今がどんな人生でも受け入れる生き方になり、ありのままの自分を受容する生き方になる。

人生が私に何を求めているのか?人生は趣味レーションゲーム。それに没頭することこそ、人生からの指令なのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高齢の猫

親戚の親戚の猫。18年生きてるから人間にすると88歳。それでこのかわいさは凄い。

江戸スタイルから学べるもの。

以前、ブログで江戸時代を生きた人がナンバ歩きをしていたって記事を書いた事がある。 よくよく調べてみると、江戸人がナンバ歩きを意識していた!という事実は無かった… そう言った情報も戦後、日本人を弱らすた …

残暑のなか蹴り活⚽️

9月も中番にさしかかり、朝晩はだいぶ涼しさを感じられるようになった。だけど心身ともに不調で悩ましい日々を過ごしている。 今日は夕方、残暑の中でひたすら蹴り活。とにかく暑い…暑すぎる! なかなかうまくな …

黄金比とスタバの空間

コーヒーは飲めないけどスタバは不思議と落ちつくから好きです。 一人では行く機会がないスタバに今日、コーヒー好きな母と行って来ました。 店内を眺めていると、空間が居心地の良さを感じさせる長方形である事に …

梅と富士山

静岡県富士市岩本にある公園。桜と富士山の撮影スポットとして有名な場所です。 梅まつりは令和2年2月23日(日)富士山の日から始まるそうです。 標高200メートルの小高い山にある公園から駿河湾、富士山を …