Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

ありのままの自分を受け入れるために必要なこと

投稿日:

私が人生に何かを求めるのではなく、人生が私に何を求めているのか?これを問い続けることが、自己超越の生き方である。ヴィクトール・フランクル

昨晩、友人の愚痴を電話で6時間、聞き続け、氣が滅入ってしまった。私と友人は他者と比べて満たされない欠乏感を共有している。

金が…親が…国が…どうせ…繰り返される否定的な会話、私は友人の話を聞きながら、自分の主張を控えることに徹した。

私たちは欠乏感の正体を突き止めている。だからなおさら、欠乏感を埋めるため、欠乏感の理由となる人達を攻めるのだ。

解決策は、、ない。現状起きていることを受け入れるしかないのだ。解決策は相手を赦し、自分を許す事、でもそんなに簡単じゃない。

前記したヴィクトールフランクルの言葉は「ありのままの人生を赦す」という捉え方ができる。最初、私には理解できなかった。

でも、人生に、ではなく、人生が、にすると、今がどんな人生でも受け入れる生き方になり、ありのままの自分を受容する生き方になる。

人生が私に何を求めているのか?人生は趣味レーションゲーム。それに没頭することこそ、人生からの指令なのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピンク色に染まる夕景と良いモノ2点

昨日、西の空が突如、ピンク色に染まりました。湿った空気、排気ガスと水蒸気が混ざり合い織りなす情景に感動しました。 どうです?こんな空にはなかなか出会うことはできません。これぞ自然のなせる芸。 そして今 …

黄昏刻の空

柴散歩。 黄昏時、秋の空。 やっと公園の一部が開放されました。 家の柴は少し驚いていました。 雨の散歩道に突如、異次元の空間が現れたのですから^_^

心の汚れがゴミ問題に繋がってしまう。まずは心をきれいにすることから。

ある駐車場がゴミ捨て場になっていました。 酷すぎて言葉もありません。 この駐車場は無法地帯。関係者の協力を得て片づけることができました。 人目につかない場所なので、深夜のたまり場になっているようです。 …

かいせんドーン!

今夜はほっともっとの海鮮天とじ丼。 まだ食べてないけど絶対美味しいやつ。 味わって食べよう。

江戸スタイルから学べるもの。

以前、ブログで江戸時代を生きた人がナンバ歩きをしていたって記事を書いた事がある。 よくよく調べてみると、江戸人がナンバ歩きを意識していた!という事実は無かった… そう言った情報も戦後、日本人を弱らすた …