Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

この世界は選択と変化を樂むゲームである。

投稿日:

この世には二つの考えが存在している。白と黒、勝利と敗北、正義と悪、裏と表、光と陰、人はその時々でそのどちからを選択し決断しなければならない。時間という制限がある限りこの世に同時は存在しない。

しかし、時が過ぎれば過去の経験として、裏も表も、勝ちも負けも、表も裏も、体験として學んでいることに氣づく。だから中立な考えを選ぶことができる。つまり、私たち人類は反省と改善を繰り返し存続してきたといえる。

しかし、我々の脳には大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)といわれる喜怒哀楽などの「感情」をつかさどる部分がある。なので、その感情によって簡単にコントロールされてしまうのだ。

それは五感とも呼ばれ、言語や記憶、思考により変化している。感情があるからこの大地というフィールドで不自由というゲームを愉しむことができるのだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柴犬の可愛さ

柴犬のいる生活。 動物病院でトリマーに綺麗にしてもらいました。嫌いな爪切りもしてもらって良き。 柴犬って、最高。

暑いなかでピックアップスケートをプレイ!

昨日購入したピックアップスケートを早速、海岸にて楽しんできました(^^) 動画はInstagramにあげるつもりです。 今日の収穫はコレ。暑すぎて、ゴミを拾う気がしませんでした(^^) 今のところの目 …

死生観について

最近、人の生死について深く考えさせられる事があります。古くから人が亡くなると近隣住民総出で故人を弔ってきました。 寺院に支援をおこなうため定期的にお坊さんにお金を払って死んだ人に戒名をつけてもらう檀家 …

哀愁の犬

いつもの散歩コースにて犬を撮影。 静かな湖畔と平和に見える街並み。 一本の彼岸花が犬の哀愁を引き立てた。

日本最古の歩きかた。

現代のように車や自転車の無い江戸時代の移動手段は歩くことでした。昔の日本人はナンバ歩きという一風変わった歩きかたをしていていたようです。どおやらこの歩きかた、理にかなっていたようです。 ナンバとは、同 …