Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

映画、鬼滅の刃。改めて素晴らしい作品だった。

投稿日:2020年10月17日 更新日:

昨晩、甥っ子と映画、鬼滅の刃をレイトショーで観た衝撃がさめない。

まず、作画がとてつもなく綺麗だった。

映画鬼滅の刃上映後に甥っ子を撮影。
この加工気に入ってくれた。

浮世絵の世界観のなかに、最新のCGと3Dの技術が融合したまさに神アニメだった。

今まで見た事のない映像美と、声優陣の声から気迫を感じられた。

不覚にも映画館で涙を抑えきれなかった…館内全体から女性のすすり泣く声…

人間という儚い生きもの美しさ、最後の最期まで自分の信念を貫き通す強さを感じられた。

素晴らしい作品と、素晴らしい時間を提供してくれた全てに感謝の一日だった。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

才能とは?

生まれながらにして才能を持ったひとが世の中には存在していますが、本当は誰しもみんな才能を持って生まれているのかも知れません。 才能とは、親の遺伝子から先天的に受け継がれたり努力した結果、後天的に現れた …

愛の種類。

日本語でよく使われる言葉に、愛という字がある。僕はこの愛という響きが胡散臭くて好きになれない。なぜだろう? そもそも愛とは?愛の意味は何だろう? 愛とは:対象をかけがえのないものと認め、それに惹きつけ …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …

秘密基地

僕が小学生の頃、よく友だちと秘密基地をつくって遊んでいた。 土手の斜面、竹やぶの中、見るもの全てが未知の世界で楽しかった。 子供の頃に体験したことは多くの学びを与えてくれた。 当時、「僕らの七日観戦」 …

挑戦はつづく

自信を持ちたい。挑戦者でありたい。 そんな想いを持って活動してきたフリースタイルフットボールも、 本格的にうまくなりたい!と思えるようになった。 声援は聞こえない、傷も癒えないけれど蹴り続ける。 &n …