Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

やってみたいこと。いってみたいところ。

投稿日:

何かに挑戦したい。あの場所へ行ってみたい思う欲求はテレビやインターネット、本や人との会話といった外部から得られるもの。内部から湧き上がる情熱とか欲求ってなんだろう?外部との情報を遮断さた無の状態にあっても生まれた環境によって何かしらの影響を受けているはず。それが遺伝子だったりする。

今、やりたいことも、いってみたいところも外部からの情報によるもので、この世界で意識できる範囲内で物事が進むようプログラムされている。だとしたら、物質世界も精神世界もひとつのシステムにすぎない。

この世界というフィールドを光のように自由自在に駆けめぐることができたら、それは別次元の世界。宇宙は外側にはないけど内側にはあって、内側にあって外側にもある。

おそらく神経細胞のように、多次元世界が無数に存在していて、地球という星はその神経細胞の一部なのだろう。地球に存在しながら別の神経細胞へ伝達することもできるなら、それは無意識の内側でしか体験できない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

暑さに負けた一日

異様な暑さと、関東地方で多発する事件事故の報道に違和感を感じた一日。 なにかが変わろうとしている。そのなにかはわからないが、 これらの出来事は、なにか良いことが起こる前ぶれのように思う。

感情に身を任せず、今を生きる。生命の波動を感じる。

皆、それぞれが正義を主張し合い、悪を見つけて感情的になっている。 感染症の事、大統領選の事、個人やメディアがあらゆる情報を持ち出し正義を主張してる。 僕らは肉体を持ち、確かな存在としてこの世界を生きて …

雨と鬱

雨は好き、特に音が良い。でも、心がずっと晴れなくて苦しい6月。疎外、喪失、無価値、罪悪、負の感情に支配されている。この感情を言語化しようとすると混乱してしまう。心を悩ませているのは、「孤独」と「偏見」 …

3次元という設定

この地球という次元では、時代ごとに設定された段階があるのだと思います。 人の世は常に流動しています。 縄文時代は狩をして生活し、江戸時代は国を奪った者が天下を取り、 昭和初期の時代は国のために戦地へ赴 …

no image

心に響く言葉

だれかを愛することは、 その人に幸福になってもらいたいと 願うことである。 トマス・アクィナス(哲学者) 自分の幸せを優先して人を好きになる人は、愛情を自分に向けています。相手への気持ちを探ってみると …