Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

わ・た・し…とは?

投稿日:

わたしとは、

(し、わたくし)、仕事場などの社会的集団の中における人間の属性対比して、一個人としての属性を示すときに用いられる言葉である。Wikipediaより

社会的集団としての一個人として、いまの私について少し書いてみます。

私はIQ75(境界線の範囲内)頭が良いわけではありません。少年時代の私は塾やそろばんに通っており、暗算なども普通に出来ていました。

しかし、毎日やらされる勉強は数字によって良し悪しが測られました。否が応でもテストによって競争させられ、順位が晒され、優等生と劣等生に分けられました。順位が低い自分は劣等生としてのレッテルを貼られました。そんな生活が心底嫌になり数字が嫌いになりました。

それから出来ていた計算が苦手になり、社会人になっても簡単な計算を頭で解く事ができなくなってしまい、算数ができない自分を隠しながらの社会生活は本当に辛くて苦労しました。

しかし、できる事もたくさんあります。精神的な障害は抱えていますが、車の運転もします。家族や周りには理解されませんが、今もこうして精一杯、死にたい気持ちを抑え生きてます。

私は孤独で自分の事だけしか考えてないように思われてしまいますが、周りを助けたいという気持ちもあります。今はスマホなどを活用して色んな人と繋がりを持つ事ができ、クラウドファンなどで同じ志を持った人たちを支援し応援できたりします。

だから、行きたくもない会社に行って周りに迷惑をかけて惨めな思いをしてお金と安心安全のためだけに動かなくても社会貢献はできます。

本当に便利な時代になりました。アルファベット社、Google、Instagram、などの通信産業の発展に心から感謝です。

テクノロジーをうまく利用して行けば表現の幅は無限に広がって行きます。誰もが表現者として成功できるツールが整っています。

私はコミュニケーションはあまり得意なほうではありませんが、「今を出来る限り楽しく生きよう。自分は他者と比べると普通ではないところもあるけど、それでも良い。」そう思っています。これが私自身であり、普通では味わえない経験から喜びがを感じる事もあります。

過去の私に今の私がアドバイスするなら、「何でも良いから興味を持つこと、興味をもったらそれを続けて自分のスキルとして活かして行けば良いのだよ」と言うでしょう。

自分らしさを大切にしつつ、他者を気遣う誠実さを忘れずに…キーワドは、自他ともに幸せであること。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分自身に向けたメッセージ

過去にこだわりすぎてはいけない。昨日までの自分は終わり。いい経験は糧として残す。過去は過去のままでいい。笑って忘れる。病気やトラブルがあったとしても感情的にならず、事務的に淡々としていけばよい。心配す …

パンデミック

マスクが品切れだと言うので本当かとコンビニをのぞいてみたら、本当にマスクがない! 母親が買いだめしていたマスクをくれた。ありがたい。 感染症が世界的に流行すると、人は身を守るため行動の行動にでる。 か …

no image

本当に必要なもの

自分にとって本当に必要なものってわからないもの、他人からしたらどおでも良いものが自分にとっては宝物だったりする。捨てればスペースができ新しい意識が入ってくる、とはわかっていても、なかなか捨てられない。 …

暗闇でも何かひとつ掴むことが大事。

今から3年前の2017年1月、劣等感がピークに達し、僕は労働に疲れ果てていた。 会社に依存するしか道がなく、散々お世話になった挙げ句 年下の上司から「死ね。今まで何してきたの?」と言われ完全に戦意喪失 …

no image

心に響く言葉

だれかを愛することは、 その人に幸福になってもらいたいと 願うことである。 トマス・アクィナス(哲学者) 自分の幸せを優先して人を好きになる人は、愛情を自分に向けています。相手への気持ちを探ってみると …