Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

エネルギーを吸いとる人たち。我々に罪を入れた者とは?

投稿日:

今日も実家で親にエネルギーを吸いとられる出来事があった。

親と距離を置いていてもエネルギーを吸いとられているようでいつも苦しくて悲しい。

実家では何もやる気が起きなくて犬の散歩以外の時間は読書や動画をみてやり過ごす。

自分は何がしたいのか?どおしたいのか?そんな自己中心的な感情すら持っていたくない。

でも、ここから離れたい。それだけは確かな気持ちである。

でも、先祖を供養するお盆だけはと思い、実家に近づいてしまい共依存状態に。

毒親問題を解決するためには自分の意思だけはしっかりと持っていなくてはならない。

全てのエネルギーを吸い取られてしまったら何もできなくなってしまうからだ。

だが、肉親に依存されている状態にある時に自分の意思を保つことは非常に難しい。

罪悪感を植え付けられているからだ「あなたはこうでなくてはだめ、だからこうなんだ」

その言葉に悪気はないから厄介。これは仕方ない。親の親もまた支配的だったから。

そういう教育システムだから。でも言葉ってやつは強力だ。

否定の言葉は人をじわじわと人を追いつめ、消えない傷として残ってしまう。

母も父もそして僕も家族を失望の眼差しでみている。僕が信じられるものは神だけ。

僕は仏教徒でもキリスト教者でもない。ただ聖書に書いてある事は事実だと感じる。

我々人間に罪を入れたのは神が創った堕天使と言われている。

堕天使はもともと大天使だったのだが、自分を神だと勘違いしてしまった。

だから大天使は神によって堕天使とされ地に落とされた。

そして堕天使は神が創った最初の人間、アダムとイブに蛇に化け近づき知恵を入れた。

その知恵こそ、罪だったのだ。もともと人間はピュアだったと言う。

しかし知恵がついたせいで…この話しはまたいつか深掘りしようと思う。

今の経験は、我々の抱えている問題に救いを与えるヒントがあるはず。

誰かの役に立つときがくるのだから、精一杯、生きて行こう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

労働をやめて、地球の未来を考えよう。

なぜ、我々は労働をするのか?なぜ、我々は労働から逃れる事ができないのか? 例え労働から離れられたとしても孤独だと哀れみや虚しさや孤立感に苛まれる。 四六時中働いて、時間に追われ、充実感。充足感。貢献感 …

映画の名言。

という本がすごくおすすめです。映画のセリフには心を動かす名言が数多くあります。 特に好きなのがファイト・クラブの名言です。 「俺たちは歴史の真ん中っ子だ。 目的も居場所もなく生きている。 世界大戦も大 …

no image

パソコンからの更新。

久しぶりにパソコンに触った、実家から一時、アパートへ帰ってパソコンをアップデートしたらパソコンが少し軽くなった。 ワードプレスの更新がされてなくて焦った、何気ない発進を続けているけど、僕にとっては意味 …

no image

名古屋へ行ってきました

ちょっと覗いてみたくなりました。  

新しい靴を買った

半年ぶりに靴を変えた。 アディダスのcampus やっぱりアディダスは良い!これでボール蹴りまくるぞ!