Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

SDGs ライフスタイル 自己成長

ゴミ問題は自分事から変えて行こう!

投稿日:

去年、ある海岸に打ち上げられたクジラを見て改めてゴミ問題について考えさせられた。

ペットボトルって捨てる人のマナーさえ良ければとても便利だしすごい発明品。

日本では1977年にしょうゆの容器として初めて採用され、

清涼飲料水の容器として厚生省に認可されたのは1982年。

もともと、アメリカ・デュポン社のナサニエル・ワイエスというひとが

1970年代半ばにPETという素材を発明ボトルとして採用されたそうだ。

本格的に市場に出回り始めたのは1977年頃。

僕が1歳の頃からあったもの🤭

去年まで500mlの飲料水を毎日のようにコンビニで買って飲んでいた、

今年に入ってからコンビニは利用しなくなったのだが、

飲料水は自販機で毎日のように買っているし生活には欠かせないものだ。

僕は500mlのペットボトルを年間、どれだけ消費してるのだろう?

毎日1本~2本は飲んでるから、

年間にすると365×2=😦本

単純に1人あたり1年間に183本は使っているらしい。

海ごみ問題においてまずは自分のライフスタイルを見直さなければならない。

 

問題点:(困ったこと)

ペットボトルの消費量が多い

改善案:(どうしたらよいか)

ペットボトルのサイズを280ml~500mlのものから2L~5Lサイズのものにする。

対策:

いつも飲んでる500mlの水を2Lのものに変え持ち歩くことにした。

問題点2:

そうすると飲みかけのペットボトル口の菌で飲料による食中毒が懸念され不衛生。

蓋がなくても飲める、何かいいアイテムはないか?

ザ・ダイソーでペットボトルキャップをいくつか購入してみた。

その中で「ワンプッシュがぶ飲みタイプ」が1番使い回しが効くことがわかった。

結果

500mlのペットボトルから2Lのペットボトルを持ち歩くことで、

ペットボトル年間使用量が削減。できるはずだ、

マイペットボトルも検討したいところだが、持ち歩くのは面倒くさい。

紙のストローや味のついた食べられるストローもあるらしい。

味のついた食べられるストローも特許が取得されているようだ。

いまトレンドなタピオカの問題で、

ひと役買いそうなアイテムは出てくるのか?

まずは自分事から変えて行こう。

-SDGs, ライフスタイル, 自己成長

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うつ病者がビジネスを始める方法

突然ですが、 私の夢は、山が見え、川のせせらぎが聞こえる静かな場所に移動式の家を建てて暮らすことです。 スナフキンのように会いたい時に会いたい人と会って、 着の身着のままの暮らしをする。それを5年の間 …

SDG s(エス・ディー・ジーズ)

最近、SDG s(持続可能な開発目標)という言葉をTVや雑誌などで耳にする機会が増えてきました、持続可能な目標の定義とは何なんでしょうか?Google先生を使い調べてみました。 持続可能な開発とは   …

ストローはいりません。

僕はたまにマクドナルドやモスバーガーのドライブスルーを利用するのだけど、 飲みものを注文するとき、店員に「ストローなしで」というと、 珍しそうに対応されます。ストローなしでもじゅうぶん快適に飲めるから …

映画、ジョーカーを観て学んだこと。

狂った社会は、俺を「普通の人間になれ」と矯正する 孤独だが、心優しきアーサーが、なぜ、悪のカリスマに変貌したのか?なぜ、悪にならなければならなかったのか?この映画は1人の男がどん底から抜け出そうと葛藤 …

no image

核家族とは

家族との関係性 独身者が増加する日本社会でいまどきの家族の在り方、家族のカタチ、家族との関わりかた、について考えてみます。 核家族とは何か 近年、核家族化が進んでいます、核家族とは・・・・ 夫婦と未婚 …