Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

SDGs ライフスタイル 自己成長

ゴミ問題は自分事から変えて行こう!

投稿日:

去年、ある海岸に打ち上げられたクジラを見て改めてゴミ問題について考えさせられた。

ペットボトルって捨てる人のマナーさえ良ければとても便利だしすごい発明品。

日本では1977年にしょうゆの容器として初めて採用され、

清涼飲料水の容器として厚生省に認可されたのは1982年。

もともと、アメリカ・デュポン社のナサニエル・ワイエスというひとが

1970年代半ばにPETという素材を発明ボトルとして採用されたそうだ。

本格的に市場に出回り始めたのは1977年頃。

僕が1歳の頃からあったもの🤭

去年まで500mlの飲料水を毎日のようにコンビニで買って飲んでいた、

今年に入ってからコンビニは利用しなくなったのだが、

飲料水は自販機で毎日のように買っているし生活には欠かせないものだ。

僕は500mlのペットボトルを年間、どれだけ消費してるのだろう?

毎日1本~2本は飲んでるから、

年間にすると365×2=😦本

単純に1人あたり1年間に183本は使っているらしい。

海ごみ問題においてまずは自分のライフスタイルを見直さなければならない。

 

問題点:(困ったこと)

ペットボトルの消費量が多い

改善案:(どうしたらよいか)

ペットボトルのサイズを280ml~500mlのものから2L~5Lサイズのものにする。

対策:

いつも飲んでる500mlの水を2Lのものに変え持ち歩くことにした。

問題点2:

そうすると飲みかけのペットボトル口の菌で飲料による食中毒が懸念され不衛生。

蓋がなくても飲める、何かいいアイテムはないか?

ザ・ダイソーでペットボトルキャップをいくつか購入してみた。

その中で「ワンプッシュがぶ飲みタイプ」が1番使い回しが効くことがわかった。

結果

500mlのペットボトルから2Lのペットボトルを持ち歩くことで、

ペットボトル年間使用量が削減。できるはずだ、

マイペットボトルも検討したいところだが、持ち歩くのは面倒くさい。

紙のストローや味のついた食べられるストローもあるらしい。

味のついた食べられるストローも特許が取得されているようだ。

いまトレンドなタピオカの問題で、

ひと役買いそうなアイテムは出てくるのか?

まずは自分事から変えて行こう。

-SDGs, ライフスタイル, 自己成長

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

消費税増税って人間にとっては痛みだが、地球環境にとっては良いことだ

今年の10月から、いよいよ増税が始まります。それは低所得者にとっては悪いことのように思えます、しかし、地球の環境にとっては良いことのように思います。 物が高くなれば消費活動に慎重となり、本当に必要な商 …

仕事選びに迷ったら

仕事を見つけるうえで、「自分にはどんな仕事があうのかな?」「どんな仕事がやりたいのかな?」「何のために働くのかな?」いろいろ考えると思います、 ほとんどの仕事がAI化されていくなかで、今日までどんな仕 …

WHY?(なぜ)をWHAT?(なに)に変えると頭と心がつながる

自分の想いをうまくまとめられなかったり、相手に伝えたいことを思うように伝えられなくて悩むことってありませんか? 頭と心が整理されていなくて、バラバラになっているときは、なぜ?これを伝えたいのか、より、 …

no image

人と地球の付き合いかたIPBESとは

いま、日本だけでなく、多くの国でインフラが整備され、肉や魚など欲しいものを手軽に買えるサービスを受けられます。そしてクルマや飛行機に乗って好きな場所へ移動することもできます。 便利があたりまえのように …

ユニクロのセルフレジがスゴイ!

先日、大型店舗のユニクロに行ってみたら、ほぼ自動レジになっていて驚きました。 1.レジ横に商品を入れたカゴを置くとカゴ内の商品は自動で算出され、 2.後はタブレットに従ってクレジットカードか現金で精算 …