Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

ザ・インフル

投稿日:

地の時代から風の時代へと変わった12月22日は僕にとって地獄そのものだった…

強烈な頭痛と関節痛がつづく状態、痛みとの闘いは長きにわたり続いた。

インフルエンザの症状であった、とにかく呼吸を整えるしかなかった。

こういう時に水がない!?意を決して外へ…あまりの気持ち悪さに吐く。。

頭痛は一向に良くならず、このまま死ぬかもな…って本気で思った。

しかし、突然、ウイルスは去った。もうこんな苦しい思い、懲り懲りである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

存在意義と価値観を持て。

人はそれぞれ存在意義を持っている。それは尊重されるものである。 素晴らしく美味しい料理を作ることを生業としているひと。 福祉施設で他者に尽くすことが自己実現の糧になっているひと。 他人を天職へ導くこと …

雨の月曜日

月曜と言えば一週間のはじまりで、会社員時代はとても憂鬱だった。 でも雨が降ると何曜日だろうが気分が落ち着くことが多かった。 雨の音とか、匂いとか、わりと好きだ。 雨はみんなの上に平等に降り注ぐ。雨をし …

梅雨の中休み

今朝、屋敷から空を眺めていた。 カシワバアジサイと青空が素敵だった。 梅雨晴れである。 雲が魅せるアート。 雲が変化がして行くのが楽しい^_^ 雲に乗りたい気分になった。

生きづらさと自分の居場所。

一人で居ても、両親と居ても、とても息苦しい。せめて心だけはここから離れていたい。 犬だけが私たちを繋げてくれる。 まったく…なんて世界だ。モラハラとか、DVとかばっかりだ。 愛とか、恋とか、してみたい …

競争の本質

昭和という時代は、決して平等で公平な社会ではなかった。 表向きは平和に見えたが、歴々と存在した格差社会のなかで逃げ場などなかった。 戦わなければ下流へと埋没して行くだけの低次元な世界であった。 僕らは …