Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

スターウォーズから人類が学ぶべきこと

投稿日:

本日、公開初日の映画「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を観てきました。

スターウォーズにはこの地球が抱えてきた社会問題を解決するヒントが隠されています。

全編共通して言えるキーワードは「光と闇の統合」だと思います。

今まで私たち人類は長い時間を経て変革への道を辿ってきました。

女性が抑圧された時代から、女性が主体となる時代となり、

武器がものを言う時代から、便利な道具として使う時代へ意識が変わり、

血のつながりではなく、心の絆の関係性を大事にするようになった。

そして人の脳を融合させた新たな生命体(AI)を作り共存しようとしています。

この映画から最も強く伝えられたのは「血のつながり」の問題解決です。

スターウォーズは親子の神秘を題材にした映画だと思います。

近年、実の親が子を、子を親が殺す家庭がたくさんあります。

逆に、再婚した連れ子や養子と仲睦まじく暮らしている家庭もあります。

結婚観こだわらず、人類みな兄弟であれば、血縁関係に縛られることはない。

妬みや僻みも消え、自分のやるべきことに集中できるはずです。

一人一人が意識的になれば、わだかまりも消えるのではないでしょうか。

そして、人生のミッションは「共存」であるともいえます。

共存とは、国境がなく、人も動物も自然もひとつになることです。

地球人がひとつになり、さまざまな生命体が共存しあう重要性に気づくこと。

人間の争いを止め、動物も植物もロボットも地球外生命体すらも受け入れる。

それが2020年以降から、問われる時代になると確信しています。

それからこの映画にはフォースという精神性が描かれています。

“雑念を沈め、自分の声に耳を傾け、好きな事を見つけ、得意な事を磨きつづける。

好きな事を見つけ、成長のプロセスを楽しむことが至福なのだ”と、

この映画の生みの親、ジョージルーカスは言っています。

至福とは、喜びであり、喜びとは前に進む力、個性、愛に値する自信をくれる。

人を助け、理解し、愛すること。

そしてジョージルーカスは、ライトセイバーをもつ必要は無いと言っています。

ライトセイバーをもって宇宙船を撃ち落とす必要はないのだと。

ただ、できることをひとつひとつやればいい。積み重ねればいいのだと。

救われました。この映画の最後にレイ胸を張って言う言葉に震えました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

普通とは何だろう。僕らは誰かのコピーではない。オリジナルの生きものだ。

社会は普通かそれ以上になれという。心に闇を抱えた者にとって怖いのは世間の目。 世間の目は「普通」から外れた者にとっていまだに冷たい。 多様性が認められ、寛容な社会ではあるけど、限られた職種の中で何かを …

環境問題の根源を探る。

文明が誕生し、物質によって豊かさを得た人類の人口は70億人を超えました。 微生物から動物になる進化の途中で、我々は人間ではない何者かにより操作され、 元あった生態系のピラミッドは、世界秩序に置き換わり …

他国ではとんでもない事が起こっていた!日本はまだ豊かな国であると痛感した。

中の国でウイのグル族が弾圧されていた事を最近になって知りました。 巨大な国家は国の領土を強固なものにするため勢力を広げてきました。 僕は大量に安く物を輸入されるメイドイン中の国に感謝していました。 と …

この世界は選択と変化を樂むゲームである。

この世には二つの考えが存在している。白と黒、勝利と敗北、正義と悪、裏と表、光と陰、人はその時々でそのどちからを選択し決断しなければならない。時間という制限がある限りこの世に同時は存在しない。 しかし、 …

あずさんぽ

犬の散歩中、アヒル飼ってるひとに会った。 犬とアヒルって相思相愛。