Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

ドラゴン桜とかいう神ドラマ

投稿日:

先日、ドラゴン桜というドラマが気になったのでちょっと観てみた。そしたらとてもおもしろくて感動した。

前作のキャスティングがあまり好きではなかったのと、熱血教師的な作品が好きではないので観なかったのだが…

今作は素晴らしい作品だった。ドラマ半沢直樹のような演出や展開がテンポよく進み、あらゆる年代を惹きつける作品である。

元弁護士が生徒や教師に向かって言い放つ言葉は実に爽快な名言であった。

どうだ?暴力でねじ伏せられ笑い者にされあざけられる気分は…力でねじ伏せるのも暴力。言葉でねじ伏せるのも暴力。人を騙してスマホやSNSを使って人を陥れるのも立派な暴力だ!

子どもの自由は尊重することと甘やかすことは違う!間違いを犯しても叱らず、目標すらも与えず、そんなんだからこのガキどもは濁ったドブ川みたいな目をしてるんだ!

自由にかこつけて守ってるのは、生徒ではなく、お前ら自身の立場だろ。責任っていう問題から目を背けてるだけだろ。

台詞を文字にしてもいまいち熱量が伝わらないが、俳優の気迫や波動がまさに見るものを感動させる作品。今日は第二話。楽しみである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

苦痛からの解放

海外ドラマ、ウォーキングデッドにハマってから10年が経つ。 2010年から2019年現在までながく続いている人気ドラマ。 ゾンビ物なのに人間模様が描かれていて素晴らしいと思う。 グロテスクな作品で不快 …

ゴミ…疲労。

ピスケをやりに気になっていた場所へ行ってし周辺を少しまわってみた。 ここは、まとまったゴミがいっぱい!!! まさしくゴミの宝庫だったw あまりのゴミの多さと自分のスケーティングの下手さにテンションさが …

自分の価値観をしっかり持ち、争いから抜け出そう。

人の悩みの最たるものは人間関係によるものと言われます。正しい正しくないといった考え方や価値観の違いを主張しあうと必ず争いが起きます。 人は安心安全が足りなくなると自分の存在価値を確認するため他者に対し …

秋は三日月

秋のひととき。 まだ暑さ残る秋の夕暮れ。 金色から紫色に染まりゆく空。 別次元に行きたくなる。 そんな空間。 さよなら黄昏。

自分のなかの光と闇を統合させ安心して突き進もう

ぼくらは社会に抑圧され自分が主人公であることを忘れている。 すでに現実を創造するチカラを持っている確信があるのに支配されたままでいる。 両親、友人、他人、社会により恐れや不安のスイッチが「パチン!」と …