Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

ライフスタイル 勉強

パーソナルスペース

投稿日:2019年6月3日 更新日:

孤独は山にはなく、むしろ街にある

寄り添う人、離れる人、街の雑踏の中にいるとみんなそれぞれ自分の領域というものがあり、パーソナルスペースを守りながら生活しています。

街で生活してると人づきあいが嫌になるときってありませんか?山で自然に囲まれ生活したほうが人間との一体感がより感じられる現代かも知れません。

毎日、顔を合わす家族や同僚、恋人や友人のような親密な関係性であっても適切な距離感というものがあります、特に日本人はその距離感というものを大事に行動しています。

安全領域

人には安全領域というものがあり、育った環境や周りの人間関係、過去の記憶などが原因で波長の合う人と合わない人を無意識に感じとり、見た目が好きか嫌いか、感覚的に距離を置く習性があります。

パーソナルスペースとは

個人の空間や対人距離のことを言います。動物の“なわばり”のように人にも目には見えないなわばりに似たようなものを持っているのです。

パーソナルスペースが守られている距離は、相手が嫌な気持ちにならない距離です、反対にパーソナルスペースが守られていない距離は、相手が嫌な気持ちになる距離であると言えます。

例えば

・知らない人同士より、親しいもの同士のほうが、距離感が近い(親近感)

・子供同士より大人同士のほうが、対人距離が遠い(異性として意識するから)

・家族では家の中より、家の外のほうが、対人距離が遠い(世間体)

このように人が置かれた環境や関係性によって距離が変わります。

むやみに相手のパーソナルスペースに入ると日本人なら大体の人は不快と感じるでしょう。

しかし、国が変われば親近感を感じることもあります、パーソナルスペースなんて意識していない国もあります。

日頃の自分のパーソナルスペースの取り方をふりかえって見ましょう。

・ちょうど良い距離を保てているか?

・突然近づいたりしていないか?

・パーソナルスペースに入るときに声掛けができているか?

・相手の表情や状況を確かめることができているか?

昔は食事は必ず家族みんなで、とか、結婚したら夫婦は同じ部屋、同じ布団で・・・とか、

空間を共にすることで絆を深め、家族それぞれに役割がありましたが、

今ではその役割もなく、一緒にいすぎると依存し合う関係になってしまいます。

家族や友人、恋人であってもある程度の距離を置いて付き合うくらいが丁度良いのだと思います。

-ライフスタイル, 勉強
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

すべては変わる

終身雇用制度が終わったというニュースを目にします、そんなのもう何年も前からわかっていたこと、いまさらメデイアでとりあげるのはなぜだろう、、 ひとつの会社に腰を据えれば会社が定年まで面倒をみてくれる、そ …

ワードプレスの画像が消えた1つの原因

ワードプレスをはじめて一ヶ月が経ちました、昨晩、過去に作成した記事を見直していた時のこと、事件は起きました。 記事から写真がほぼ消えてしまったのです!!!貼り付けた写真の部分に「?」マークが出ていまし …

自分を成長させたい人は〜悪魔を宿した神となれ〜

いしくれです。 自分を成長させたい人は、覚えておいたほうが良い感覚があります。 神と悪魔の違いです。 まず、なんとなく、でいいので神とは?悪魔とは?のイメージをしてみてください。 私が思う神と悪魔のイ …

no image

人と地球の付き合いかたIPBESとは

いま、日本だけでなく、多くの国でインフラが整備され、肉や魚など欲しいものを手軽に買えるサービスを受けられます。そしてクルマや飛行機に乗って好きな場所へ移動することもできます。 便利があたりまえのように …

あるひとりの環境活動家の声から人間活動について考える。

先ほど国連でスウェーデンの16歳の女の子、グレタ・トゥーンベリーさんが地球温暖化について怒りのスピーチをしたことが話題になっています。 グレタさんの主張は勇気ある行動であると賞賛される一方で、批判的な …