Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

マスク熱中症に注意!街はカオス!緊急事態発生。

投稿日:

先日、名古屋の街へ行ったところ、異様な光景を目にしました。

街で歩いているひと全員が炎天下の中でもキチンとマスクを着用していました。

外に居た僕も慌ててマスクを着用しましたが、あまりの暑さで命の危険を感じ外でのマスクの着用は諦め正気を取り戻しました。

日本人は協調性を大事にする習性があり、周りに合わせる傾向があります。

学生時代から「ひとりの責任はみんなの責任」と言う教育もありましたから。

昭和の時代はそれが必要であったと思います。しかし今は情報社会。

インターネットに繋がればいろんな情報が当たり前のように一気に入ってくるのでみんなスマホ疲れしているようです。

情報のとりすぎやスマホ依存にも注意が必要かも知れません。

特にテレビのワイドショーは不安を煽ってくるので影響されすぎないようきおつけたいです。

僕はテレビをまったく見ませんが、感染者数が日に日に増加しているのはわかります。

感染予防や新しき生活様式を守る行動も必要ですが、この高温多湿の時期はマスクを着用してる人に安全を呼びかける必要もあります。

マスクの使用を誤ると熱中症のリスクをあげ死に到る危険性があります。

昨年の夏、僕はひとり熱中症で死にかけた経験がありました。たぶんこのブログにもその時の状況を書いたと思います。

言わずもがな、熱中症になるとめちゃめちゃ苦しいのです!!!

厚生労働省や政府は「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」として、この時期のマスクの着用について指導しています。

厚生労働省のホームページでは、このように呼びかけています。

「マスクをすると心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう」

人が集まる場所では社会的距離2メートルを保ち全体を見て行動する必要はあるが、熱中症を防ぐためマスクを外しましょうとホームページで呼びかけています。

ですからマスクをつけて熱中症になっても政府のせいにはできません。

僕はまだ自粛警察という人たちに注意された会事はないのですけど、

マスクをしていなかったり他県をまたいで行動すると注意してくるのがいると聞きます。

むかしゴミ回収場で暇を持て余した見知らぬ老人が威圧的な態度でゴミ出しのチェックしていて、なんて奴だ!と思った事があります。

そういった人にならぬよう、自分も注意する必要がありそうです。

そしていちばん心配なのが学生さんや子供です。どんな指導がされてるのか知りませんが、

炎天下のなか学生服を着てマスクを着用して自転車を全力で漕いで汗ダグになってる姿を見ると、ヤベーわってなります。

この夏、ぜひ!大切な命を守る行動を!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憎しみ愛の世界。

最近、友人から親子関係に対する悩みや金銭的な悩みについて電話がかかってきます。相談されるわけでもなく、不満から愚痴を中心に話してきます。電話時間は平均3時間〜5時間、最高で8時間という長電話です。 主 …

久しぶりの眠気と柴犬

実家に帰ると母が相変わら父に対してストレスをためている。 ゆういつの癒しは犬との触れあい。さっき久しぶりの眠気を感じた。 犬も安心して眠っている。

鉾島

鉾島へ来た 夕陽を狙って… 東尋坊へついたけど、 やっぱここ。 さぁ…

マルクス・アウレリウスいわく

「今日まで君は、どんな態度で過ごしてきただろうか、神々に対しても、両親、兄弟、配偶者、そして教師や友人に対しても、誰に対しても、君はひどい扱いをしたり、ひどいことを言わなかっただろうか、そして、君がこ …

今日の積み重ね

今日は自然の中を迷いながら歩いた。 ひたすら 歩いた 結果 よくやった^_^