Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

モラルハラスメントから離れる。

投稿日:2020年8月16日 更新日:

実家から隠れ家へ一時避難。お盆で一週間、両親と親戚のモラルハラスメントと闘いました。

モラハラ環境から一時的に離れただけで苦しみから解放されたわけではありません。

自己否定と罪悪感と無力感はこれからつきまといます。そしてこの暑さ…

親子関係だけでなく、あらゆる場面でモラルハハスメントは起こっています。

支配的なモラハラ、静かなモラハラ、高圧的なモラハラ、人は人によって縛られます。

一番怖いのは、過干渉型のモラハラとなのだと言われています。

相手が勝手に話しかけてきて、それについて聞き返すと、「違う、そうじゃない!」と

マウントをとられます。僕の父は間接的にマウントをとってくる非常に厄介なタイプです。

解決策は、あきらめることです。あきらめるとは明らかに見ること。

そして自分の好きなこと、楽しいと思うことを価値に変えていくこと。それだけ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

江戸スタイルから学べるもの。

以前、ブログで江戸時代を生きた人がナンバ歩きをしていたって記事を書いた事がある。 よくよく調べてみると、江戸人がナンバ歩きを意識していた!という事実は無かった… そう言った情報も戦後、日本人を弱らすた …

断酒というルール。

お酒を完全に絶ってから半年…そもそもお酒は好きほうではない。 酔った時のなんともいえない感覚が良くて、たまに飲むことがあったくらいだ。 だけど、不眠と頻尿に悩まされるようになってから一滴も飲まなくなっ …

軽やかに生きる

【氣樂・氣軽】この文字には力がある。肩の力を抜いて、自分を励まして行こう。

否定の言葉。

実家に帰ると両親から否定的な言葉を受けて落ち込んでしまう。 お前なんか。あんた。これだめ。 友だちも何度も電話してきて依存的だし誰かの愚痴ばかりで嫌気がさしてしまう。 よく、人は自分をうつす鏡みたいな …

言葉は生命

言葉は精神に宿り、精神は魂を燃やし、磨き、整える。だが、否定の言葉を受けつづけていると、精神は廃れ、魂は腐る。より一層、言葉に気おつけなければならない。