Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

ライフスタイル

ワークライフバランス

投稿日:

最近、ワークライフバランスという

言葉を耳にする機会が増えてきました。

単純労働者による残業や長時間労働、

成果主義、格差などが原因で離職率が増え

どこの会社も人手不足‥^^;

日本では外国人労働者の受け入れなど

働き方改革が推し進められているなかで、

政府は仕事とプライベートが相互に好作用を及ぼす勤務体制を作り上げようとしています。

ワークライフバランスとは

「仕事と生活の調和」「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指します。

もともと女性の出産・育児、働き方を支援する対策として始まったものですが、

最近では少子高齢化によるものや、優秀な社員を会社に定着させるための政策と言われています。

* 親の介護が必要になった社員が

安心して休みを取れる企業

* 休職後、復職しても

昇進の機会が与えられる企業

つまり、ワークライフバランスは

・少子化に対する出産・育児支援

・高齢化に対する働き方改革

という2つの理由があります。

このワークライフバランスが浸透すれば

* 仕事とプライベートの生活はきっちり分ける

* 仕事8時間、プライベート8時間、

睡眠8時間がベスト

* 新入社員の頃は仕事7:生活3にするべきだ

といった間違った解釈をする人も減るので

「会社の就業規制に合わせて最低でも8時間、

いや、もっと頑張らないと‥」とか、

「上司が残業してるのだから

帰らず頑張って残業しないと‥」

もっと〜

しないと‥

という声がなくなり、自分のペースに合わせた

就労とライフスタイルを実現させられる。

これなら定年が70歳まで

引き上げられても大丈夫v

国民は老後のことなど気にせず

長く安心して働くことができます

-ライフスタイル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

消費税増税って人間にとっては痛みだが、地球環境にとっては良いことだ

今年の10月から、いよいよ増税が始まります。それは低所得者にとっては悪いことのように思えます、しかし、地球の環境にとっては良いことのように思います。 物が高くなれば消費活動に慎重となり、本当に必要な商 …

ワクワクしながら自己成長

将来の事を考えて、鬱ぎ込む時間が多くなってきたなと感じたら、 時間を忘れ何か没頭できることはないか探してみましょう。 僕はむかし友だちとボーリングをして楽しんだ時期がありました、 またやってみたいと思 …

情報格差社会

一億総情報発信時代 YouTuberやインスタグラマー、ティックトッカーの登場により、 いまや情報発信でお金が稼げる事が常識になりました。 そしてネット環境の進化によって、どんな立場の人にも自分を表現 …

ハッピーマネーの流れを引き寄せる、未来の手帳を買いました。

今日、本屋で素敵な手帳を発見しました。 本田健さんの「お金を呼ぶ手帳」です。2019年12月〜2021年12月まで、未来に向けていろいろ書き出せるようになっています。 最近、書くという行為をしていませ …

no image

核家族とは

家族との関係性 独身者が増加する日本社会でいまどきの家族の在り方、家族のカタチ、家族との関わりかた、について考えてみます。 核家族とは何か 近年、核家族化が進んでいます、核家族とは・・・・ 夫婦と未婚 …