Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

一族としての未来。

投稿日:

昨晩、父親から実家の土地について話しておきたいという相談があった。

税金、土地の運用・運営をどうしているのか?今後、相続が発生したらどのようにしてゆけばよいのか?など…

家族として最良の選択は何か?親なりに伝えておきたいという想いを父親から読み取れた。

僕も両親も晩年期、先立つ者は残される者に理解しておいて欲しいと願うだろう。

先程、土地に関する様々な資料、税金のやりとりについて知らされたのだ。

親は祖先が遺していったものを護るため、また親である責任として…

僕には家族の一員として、知っておくべき義務があるということ。

僕が独身だからわるい。という話しではなく、今の状況を冷静に見ての話しだった。

時代によって土地や税金などの法律が大きく変化しているということを知った。

そして土地というものは管理次第で厄介なものにもなればありがたいものにもなる。

人を統治するうえで必要な法律や規則、でもやっぱり腑に落ちない。

正直、このような世界に住みたくない。というのが本音である。

うつ病になって、会社を離れて、家族を卒業して、一旦、不仲な両親から離れたかった。

そして新しい自分を生きたいと願った。でも、家族としての責任を親から授かった。

親を見放したいわけではなかった、ただ安心して眠れる環境が欲しかった。

あるがままの健全な自分を生きてみたかった。本当の意味で自立がしたかった。

誰にも介入されることのない世界。自分の意識でどこへでもゆける世界。

これは理想でしかないかも知れない。現実的ではないのかも知れない。

でも、親を憎んだり、社会を否定するということは自分をさらに追い込んでゆく。

日本人なら日本人として、家族なら家族の一員として…「わきまえる」

これができる自分を褒め、受け入れた瞬間、これも必要な経験だと悟った。

過去から今ではなく、今から未来ではない。今を精いっぱい生きる。家族とともに。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画、鬼滅の刃。改めて素晴らしい作品だった。

昨晩、甥っ子と映画、鬼滅の刃をレイトショーで観た衝撃がさめない。 まず、作画がとてつもなく綺麗だった。 映画鬼滅の刃上映後に甥っ子を撮影。この加工気に入ってくれた。 浮世絵の世界観のなかに、最新のCG …

スマホ料金って少し高い

スマホが誕生してから13年。人間にとっていまや必要必須のアイテムとなっている。 スマートフォンの始まりは1992年だがiPhoneが発売されたのは2007年。 スマートホンのスマートSmartは「賢い …

春の気配がした1日

犬の散歩道で綺麗な河津桜が咲いていた。 食卓で父に怒り狂っている母を少しでも安心させ楽しませてあげたいから 今月末に鈴鹿の森庭園へ連れて行ってあげようと思います。

地球の自然は素晴らしい。

本日2020年6月21日(日)は夏至の日。夕方16時ごろから18時ごろにかけて日本全国で部分日食が見られました。 私の住んでる地域は曇り空で日食は見られませんでしたが、YouTubeやテレビのニュース …

自然食ブーム到来

今日は実家へ帰り、両親と自然食レストランへ行ってきました。 場所は、愛知県知多郡東浦町にある「食堂&cafeひとつむぎ」 僕がいただいたのは 青大豆入りトマトカレーセット トマトの風味が効いて …