Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

一族としての未来。

投稿日:

昨晩、父親から実家の土地について話しておきたいという相談があった。

税金、土地の運用・運営をどうしているのか?今後、相続が発生したらどのようにしてゆけばよいのか?など…

家族として最良の選択は何か?親なりに伝えておきたいという想いを父親から読み取れた。

僕も両親も晩年期、先立つ者は残される者に理解しておいて欲しいと願うだろう。

先程、土地に関する様々な資料、税金のやりとりについて知らされたのだ。

親は祖先が遺していったものを護るため、また親である責任として…

僕には家族の一員として、知っておくべき義務があるということ。

僕が独身だからわるい。という話しではなく、今の状況を冷静に見ての話しだった。

時代によって土地や税金などの法律が大きく変化しているということを知った。

そして土地というものは管理次第で厄介なものにもなればありがたいものにもなる。

人を統治するうえで必要な法律や規則、でもやっぱり腑に落ちない。

正直、このような世界に住みたくない。というのが本音である。

うつ病になって、会社を離れて、家族を卒業して、一旦、不仲な両親から離れたかった。

そして新しい自分を生きたいと願った。でも、家族としての責任を親から授かった。

親を見放したいわけではなかった、ただ安心して眠れる環境が欲しかった。

あるがままの健全な自分を生きてみたかった。本当の意味で自立がしたかった。

誰にも介入されることのない世界。自分の意識でどこへでもゆける世界。

これは理想でしかないかも知れない。現実的ではないのかも知れない。

でも、親を憎んだり、社会を否定するということは自分をさらに追い込んでゆく。

日本人なら日本人として、家族なら家族の一員として…「わきまえる」

これができる自分を褒め、受け入れた瞬間、これも必要な経験だと悟った。

過去から今ではなく、今から未来ではない。今を精いっぱい生きる。家族とともに。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界には今、笑いが必要。

今、世界中でウイルスにより、欧州やアフリカなどの国で国境閉鎖(鎖国)が起こっている。 死者も増え、世界は深刻な状況であり、日本でも東京への移動を自粛するようにと要請されている。 どの国も国民に対して財 …

柴犬かわ

散歩中に柴を置いてトイレへ… かわわわわ(//∇//) 待ってる姿が健気だ… この顔よ…(*^^*)

不安な時に使いたい言霊。

このセカイをながく経験してみると、否定や挫折は避けては通れない道だったと氣づく。 それは必要な体験であったとしても、後遺症としていまだ精神を苦しめる現実。 否定や挫折に慣れてしまうと知らない「内に邪の …

お盆タイム。

今日は実家に親戚が集まり、両親が2千円のお弁当を妹夫婦と甥っ子姪っ子に振る舞った。 本家が分家にご飯を用意してお墓参りをする。このしきたりをいつまで続ける? 僕は骨が墓石に入っても入らなくてもどおでも …

リセットしておもいだせ、ひかりを!

「光が明るく輝くためには、闇の存在が不可欠である」「陰があるから陽がある」 上記の言葉は妙に腑に落ちる考えかただけど、最近、おかしいなと感じる。 自然には光と影が存在しているけど、光より闇を感じる事の …