Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

世間はお盆。人は流動する

投稿日:

お盆は実家で連泊しています。今日はお仏壇のお磨きをひとりでしました。

晩ご飯はお寿司を家族に振る舞いました。少しは家族として貢献できたと思います。

明日はちかい親戚がお墓まいりにきます。

親戚と顔を合わすと必ず、肥ったね〜と、あいさつされたり、近況を聞かれたりします。

親戚づきあいがあることは良いことのようにも思えますが、正直、

良い気持ちになれないので、あまり顔を合わせたくありません。

母親の体調は安定しているようですが、相変わらず、だめ、やめて、どうせ、老、死。

といった否定的なキーワードを口にすることがとても多いです。

今に始まったことではありませんが、

それを聞くたびに攻められているような気持ちになり、やるせないです。

昔は若くなければ夢を持ってはいけないといわんばかりの社会でした。

老人は定年まで会社に勤めて、孫の成長を見て、あとは死ぬだけ、とか。

若いうちに一生懸命働いて、年寄りになったら年金制度を使っておとなしく第2の人生を過ごす。といったような時代がありました。

もうとっくに労働の時代は終わってる気がするのですが、

僕の家族は普通の人生を送ること、に対する意識がとてもつよいです。

そもそも人並みの人生というものは存在しないように思います。

それぞれがそれぞれの役割や使命を認識し、それぞれの目的を達成すればいいのです。

家族だから、男だから、女だから、外国人だから、本当の自分を隠して、誰かの人生を生きなくても良いはずです。

そして、働くということは人生をおくるうえでの手段であって、

手段は目的ではないと思います。

目的とは、お金のために嫌なことを我慢してやるだけではありませんよね。

この暑くて吐き気のするお盆を乗りきれるますように。

地球に住むすべてのひとたちが幸せでありますように。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柳谷観音 楊谷寺(やなぎだにかんのん ようこくじ)紅葉の花手水、令和元年秋の京都。

楊谷寺(ようこくじ)は京都府長岡京市にあるお寺で「眼」の観音様がいることで知られています。この地は古くから柳谷(やなぎだに)と呼ばれており、柳谷観音(やなぎだにかんのん)と呼ばれ親しまれています。 お …

チャンネル件

家族と居ると必ずテレビのニュースが流れていてウンザリすることが多い。チャンネルがたくさん選べるアイテムがあるのにニュースは無いと思う。だからチャンネル件は私がもつようにしている。私と母はチャンネルが合 …

山越え

今日は辛く苦しい仕事を淡々と確実にこなした。その先に見えたのは自信という宝物。やるときはやる。という瞬間は必要だ。

良性頭位めまい症が再発。

今朝、またもや回転性の目眩に襲われたので実家へ帰るのを断念… 母にメールで”急用が入った”と嘘をつき、眩暈と闘うため安静することにした。 そしたら母から電話であり得ない知らせを …

テレビっ子

昭和生まれの僕はテレビっ子でした。少年の頃からいろんな番組を観てきました。 テレビは好きでしたが、最近はまったく観なくなってしまいました。 今はサブスクリプションという定額制のメディアがあり、自分が観 …