Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

人には踏み入れてはいけない領域がある。「わきまえる」という事を念頭におこう。

投稿日:

人には踏み入られたくない領域というものがある。過去の過ちだったり、トラウマだったり、そういったストレスは避けられないものだろう。だからこそ、物事の違いを見分けるチカラが必要とされている。マスクやソーシャルディスタンスというものからも教わることがある。やれ陰謀だ、やれ分断だ、といった煽りに便乗したり、騒ぐのではなく、一度、冷静になり、考えが違う人と良い距離を保ちつつ、互いが認め合うことが大事とされる。そんな時代。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人一人が役者。

人生は一幕の喜劇に過ぎない。そこでは様々な役者が衣裳と仮面で扮装し、代わる代わる登場しては、退場を命じられるまで己の役を演じるのだ。エラスムス(神学者) ぼくらは誰かの脇役ではなく、一人一人が主役とし …

個性が目覚めるとき、人は次の次元へ上がっていく。

世の子供たちは親や大人に言われた事を言われた通りにしているよ。 でも本当にやりたいことは もっと別にあるんだ。 大人は子供に、これは違う、これをやれっていう気持ちになる。 皆んなと同じでなきゃ取り残さ …

書類の山と格闘したあとのフリースタイルフットボール。

今、目の前には手続き前の書類の山があって正直、混乱している。 今日は書類の整理や作成に追われた1日。 管理能力が乏しいので、何をどう処理して行けば良いのやら? 優先順位が分からないから混乱してしまうの …

ひたむきに蹴る。

ただ、ひたむきにボールを跨ぐ!蹴る!ピクシー抜きができるようになれば技の世界が広がるはず!人と比べず、ただひたすら蹴ることに集中する事で僕の命は燃えるのだ。 それにしても暑い!蒸し暑さという敵が容赦な …

お盆タイム。

今日は実家に親戚が集まり、両親が2千円のお弁当を妹夫婦と甥っ子姪っ子に振る舞った。 本家が分家にご飯を用意してお墓参りをする。このしきたりをいつまで続ける? 僕は骨が墓石に入っても入らなくてもどおでも …