Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

人は存在してるだけで価値がある。他者や自分をラベリングするのはやめよう。

投稿日:

3日前におきた鉄欠乏症によるひどい貧血と吐き気も少しおさまってきて安心している。

でも、今朝はとても実家に帰る元気が無かったので今日は体調管理に集中した。

実家には柴犬がいて、美味しい料理を作ってくれる母がいる。

だけど、罪悪感とか無価値観とか、不仲な両親から、またテレビのニュースから、低波動として伝わってきてしまう。

それが負担に感じてしまうんだ。とても苦しいんだよ。

皆んな世間で決められた常識に縛られすぎている。社会的立場にしがみつき、自分に対して他者に対してラベリングをしている。

僕自身、まだ人を裁いてしまう。だからそれが返ってくることだってある。不仲の両親も不仲である理由がたくさんある。

結婚や家族制度は、資本主義の経済を回すシステムのひとつだから。

テレビは資本主義の世界をありのまま伝えようとしているだけ。

それを鵜呑みにする事はないし、強制される事もない。

本当のパートナーシップは、条件つきではない真の愛情は、この世界にあるはずなんだ。

僕はまだ、愛を見つけられていないけど、裸の自分を愛せるように表現をつづけてゆく。

人はもともと存在自体に価値があるって事に、多くの人が気づけますように。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憂うつが止まらない

今日は朝からひどい倦怠感に襲われていて精神的に辛かった。 だけど頭痛も吐き気も少なかったから日中は活動ができた。 ここは僕が落ち着いて蹴れる場所のひとつ。 よくみると。。 ネコ様がおりました(笑)

すべては自分次第。

ここ数年、生きづらさ、を強く感じてしまう時がつづく。この恐怖と苦しみからは逃れる術はなく、ただ、時間だけが過ぎる。 精神の不調。身体の不調。とっくに癒えてるはずなのに、色んな出来事がやってくる。誰も知 …

社会vs個という闘い

日本では20歳になると成人として心身が十分に成長した大人として扱われます。 成人年齢になると単独で法律行為が行えるようになり、個人としての責任がつきます。 日本の文化には「成人式」という儀式が古くから …

生きる意味は魂の奥底にある。

令和は人生100年時代。平成の平均寿命は85歳。さらに昔の人の平均寿命は45歳。 昔の設定を生きていたら、僕はもうとっくに過労死しているだろう。 昔は生きるために必死になって働いていた。この世に生きた …

今ここを一生懸命に生きよう。それが復活へのカギとなる。

何ができる、何がやりたい、ではなく。 今ここを集中して生きることが大事です。 より良き自分の未来を見据えたとき、それがどのような未来であるかわからない。 だからこそ、今ここで、自分が関われることを一生 …