Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

人生というゲームをコントロールする主人公は自分自身、だから組織に囚われるな。

投稿日:

人生は誰かが作ったゲームだとしたら

この世界は何者かが作った原型、母型の中であり、人生というゲームをクリアするために地球というフィールドに我々の魂が送り込まれたのかも知れません。

「知識」と「意識」というアイテムを使い「試練」を乗り越える設定があり、この世界で達成する役割がひとりひとりに用意されている。

その役割を果たすまで魂は何度も生まれ変わり、クリアするまで磨かれていくのかも知れません。

そしてこの世界での役割を達成したとき、魂は肉体から離れて次の次元(世界)へと導かれて行くのだと思います。その先の世界がどんな世界なのかはわかりませんが、そんな気がします(笑)

人生ゲームをクリアする条件

もし、ゲームをクリアするための条件があるとしたら?条件を自分で選んで生まれてきたとしたら?ゲームを途中で放棄(自害)してもスパーマリオのように続きから始められるだろうか?

この人生ゲームをクリアするために必要なミッションは全人類共通してあるのだろうか?人生ゲームをクリアする条件があるとしたら…

「魂の傍られ(運命の相手)と結ばれる」「後世に名声を残す」「生まれ変わってもまたこの人生を生きたいと思う」「いつ死んでも良いと心から思える」

このような状態になることがクリアの条件だろう。

社会的に安定な職を持って自分の子供を遺してもゲームクリアではない、自分が自分の天命をまっとうしながらそれを支えてくれる伴侶がいることが運命の相手と結ばれることであり、後世に名を残すということは犯罪者としてではなく、功労者としてだろう。

組織の中でいつまでもコントロールされるのではなく、自分の手で、何かひとつ掴んで人生というゲームを楽しんで行きましょう!!!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富士山を見に行きたいけど我慢の日が続く…

今日も昼からめまいと吐き気がしている。そろそろおさまってほしい。富士山へ行きたい。 この流れはきっと、素晴らしい富士山に出会うために起きている。(のだと信じたい)

名作をこの世に遺して。

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。 夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、 実は切り絵のコピーです。 奈良井宿の藤屋と …

良くなるまえぶれ。

今日は労働あっせんの件で、特定社労士さんと打ち合わせのため事務所へ行った。 自分の知られたくないこと、過去の嫌な記憶を振り返りながら想いを伝えた。 このブログで自分が何をしてきたのか散々、書き残したけ …

真ん中を見る

今朝、アメリカ大統領選に決着がついた、僕はブログやSNSで色んな主張をしてきたけど、結果についてそれほど影響は受けていない。 ただ、世界全体がこうなれば良いな、という希望は持つようにしている。希望を持 …

ひとりのさみしさ

パートナーを求めれば求めるほど遠ざかる。自分なんてどおせ駄目な存在だ…という観念が捨てられない限り、孤立感は消えない。ひとりの時間は必要、でも、想像以上に悲しい。