Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

人間は何のために生まれたのか?

投稿日:2019年12月12日 更新日:

人間は何のために生まれたのだろう?

人を救うため。社会に貢献するため。家族を支えるため。子孫を繁栄させるため。世界平和のため。競争して勝利するため。お金を稼ぐため。物質を作るため。物を買うため。欲を満たすため。精神を整えるため。

その人の置かれた立ち位置や環境、人生のステージによって生きる意味や理由に違いはあるけど、全人類が共通して持っているあるひとつの想いに気づいた。

それは

「自分という人間は何のために生まれてきたのか?」という問いかけ。

人間は体験と快楽をするために生まれてきた。快を体験するために生まれた。

といえる。

その快を得るためには不快な体験もするけど、それは魂を成長させる良い機会になる。

失敗も成功も魂を成長させるためには必要な体験なのだ。

地球はアトラクション。

僕たちはこの地球という惑星を使い「嬉しい。楽しい。気持ち良い」の感情を味わい、創造し、体験するために生きている。

皆んなもう快で生きて良い。

物質を作るため、過去にたくさんの犠牲を払ってきた。コントロールされてきた。もう過去の自分は手放し、光として、風として、木として、草花として生きよう。

僕らは自然の一部なのだから。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

静かな新年

世間も神社も静かな2021年。 近所の神社は灯籠がメンテナンス? 倒れていました。 なんのこっちゃ? さぁ、今年は何が起きるのやら…

お正月は

あけましておめでとうございマウス🐭 https://ko-the.com/wp-content/uploads/2020/01/joined_video_144ce6ddc2ca4a1 …

呼吸を整えること。

落ちつかない一日、今日は体調不良のため外へ出られなかった。 ウィルス騒ぎもいったんおちつき、社会はまた当たり前のように活動を始めようとしている。 マスクや補助金など政府からの支援はいまだに受けとれてい …

本当の幸せとは…

「幸福な人は万物を求め…病人は一つだけを求める」幸せは波のようなもの、満たされない時期を乗り越えたあとに、人は本当の幸せを感じる事ができる。不快があるから快がある。苦しみは長くは続かないよ。

秋は三日月

秋のひととき。 まだ暑さ残る秋の夕暮れ。 金色から紫色に染まりゆく空。 別次元に行きたくなる。 そんな空間。 さよなら黄昏。