Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

他人に言ってはいけない事5選

投稿日:2021年11月14日 更新日:

1.説教

2.自慢話し

3.昔話し

4.愚痴

5.命令

老年期になるとこうした発言や振る舞いが増えるという。それは、周りから必要とされ認められたい願望「承認欲求」であったり、人より優れた存在であることを自覚するための欲求「優越感」であったりする。これらの感情が内省する機会となれば「向上心」に繋がるが、外側(他者)に向けられると迷惑な行為となる。

人は自らの衰えを実感した時「無価値観」に襲われる。思い通りにならないフラストレーションは悪いストレスとなり他者に向けられる。中年となった私でも周りから相手にされない現状に腹を立て攻撃的になったりする時がある。人間は総じて弱い生き物である。その弱さに気づく事が重要なのだと思う。

私の両親、特に父親は何かにつけて否定的で意固地である。ゆえに昔話しや説教、自慢話しが多い。過干渉な母は愚痴や命令が多く両者からエネルギーを吸い取られる感覚がある。人は満たされていないと他者に向けて口撃を繰り返す。終いには「あなたのため」と言い説教が始まるのだ。

身内やパートナーからの言葉による支配によって自分の心が消されてしまうのなら、せめて心だけでもそこから離れる訓練が必要だ。とにかく自分を整えることに集中する。まずは健全な体と精神を作ること。それは体を鍛えることであったり全力で仕事に取り組むことであったりする。

自分を整え認められた時、悪いストレスは消え、心の平穏が訪れる。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

価値観を持つということ

多くの人が他人の価値観で生かされている。自分はこの世界で何を大切にしたいのか?この問いに答えられ実行できる人は幸せである。 私は、健康な体を持つこと。今この瞬間やりたいことができる環境に居ること。快適 …

GoProに感謝。

今日は朝からGoPro Maxの修理を依頼するため、GoProに問い合わせしました。 しばらくするとGoProさんからの返答が来て、新品へ交換可能という流れになりました。 GoProは好きな景色を撮っ …

スローダウン

気持ちが下がりっぱなし、なんてことだ…ネガティブしか考えられない。 重い頭、重い体、抑うつで全てが嫌になりそうな一日だった。 消えない、消せない、記憶、将来、悲観、だけど希望はある。生きているかぎり。 …

老いることは、ありのままを生きること。

若いときは不安や恐怖に突き動かされて負のエネルギーで働いていた。それは糧になるけど、プラスになることはなかった。 安定、安全、安心を得るためにパートナーを求めたけど、求めれば求めるほど理解者と巡り会う …

ヒカリは孤独を照らす

世間はクリスマス。 7、8年前は甥っ子と姪っ子がまだ小さくて、クリスマス会とかしていた。 プレゼントをあげるととても喜んでくれてサプライズするのが嬉しかった。 あの時はキラキラとした電飾が温かく感じら …