Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

何かによってコントロールされてきた社会。レジ袋有料化から見える世界。

投稿日:

2020年7月からプラスチック製レジ袋が全ての事業者、小売業で有料化になるそうです。

レジ袋有料化のきっかけは、環境面でなく、1989年4月1日の消費税導入3%でした。

レジ袋有料化によって、多くの商品がスーパーで値引きされた過去がありました。

レジ袋を多く配布するコンビニにとってはレジ袋のコストが減り利益が増えるでしょう。

コンビニの行きすぎた過剰サービスの廃止も期待できますが、

レジ袋有料化によるコスト削減によってでた利益は公平に分配されるのでしょうか?

そもそもレジ袋有料化は誰が言い出した?誰と誰が話し合って、誰が決めたのだろう?

過去の社会システムは利益を優先させ、経済活動を促進させるもの、

大勢が懸命に働いて生まれたお金が、知らぬ間に誰かの利益になる仕組み。

環境問題という耳障りの良い言葉には、お金という利権が絡んでいそうです。

環境問題が誰かの利益になっている事も、多くの人がすでに知っています。

20年くらい前からco2削減とか、環境問題が表に出てきました。去年から、co2削減勢力が表に出てきています。

10代の少女が広告塔として担ぎ上げられ地球温暖化について世界に訴える話題がありましたが、

あのように表に上がるニュースは、誰かに制御されていることがあるのかも知れません。

僕たちは制御型の脳が作られるように学校で教育されています。規律、規則、規制を学校で教えられるわけです。

僕が中学生の頃、男子は丸刈り、女子はスカートの丈を定規で測られるという校則がありました。

他の国では恋愛禁止などという校則があったようです。日本人で良かった…

どこの国でも決められた制度があり、どれも強制されるシステムでした。

秩序を植え付けられる教育に疑問を持ちながらも、従うしかなかった時代もありました。

常に大人に行動を制御されていたように感じます。

もしかしたら、レジ袋も、タバコも、エコも、分別も、co2も、567も、

制御と強制によってコントロールされているのかも知れません。考えすぎでしょうか?

何かを決める時のプロセスを追っていくと事実がわかります。それはさておき、

レジ袋が完全に排除されたら、人間活動は不便になりますが、海洋汚染によってゴミだらけの海が綺麗になり、海洋生物が住みやすい地球になると思います。

クジラやイルカが住みやすい、本当に綺麗な地球が蘇る日が近い未来に見られるかも知れません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽のチカラは凄い!周波数を脳から体内にとりこみ、心と体を若返らせよう。

私たちにとって音楽は身近なものになりました。静かな音で心を癒したり、激しいリズムで活動的になったり… 音には波長があり、少なからず、心と体に影響を与えています。 特に「周波数」というのが病気を治したり …

自分はどおしたいのか?考えてみよう。

もし、今までの古い世界はリセットされ、リニューアルされ、比べるものがないフラットな世界がきたら、自分はどお生きて行きたいか?どお在りたいか?どういう世界、どういう社会であって欲しいのか?地球、地域、人 …

自分の中の善と悪を認められたとき、魂の成長は始まる。

人間らしさってわかるかい?人間らしさってな…君が君のままでいること…僕が…僕のままでいること…。 自分の悪いところを受け入れて、反省し、次へのステップにするんだ。 悪い自分を受け入れることは簡単ではな …

社会vs個という闘い

日本では20歳になると成人として心身が十分に成長した大人として扱われます。 成人年齢になると単独で法律行為が行えるようになり、個人としての責任がつきます。 日本の文化には「成人式」という儀式が古くから …

いよいよはじまる集団左遷。

人間には無意識のなかに予知能力が備わっているのだと思います。 一年ほど前にテレビで集団左遷というドラマがやっていました。 そのドラマがまた現実で起きています。今に始まった事ではありませんけど… いよい …