Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

個性が目覚めるとき、人は次の次元へ上がっていく。

投稿日:

世の子供たちは親や大人に言われた事を言われた通りにしているよ。

でも本当にやりたいことは

もっと別にあるんだ。

大人は子供に、これは違う、これをやれっていう気持ちになる。

皆んなと同じでなきゃ取り残されちゃうから心配なんだ。

自分の子供にはせめて普通に育って欲しいって願うのが使命だから。

でも子供たちの人生なんだ。大人たちは子供の安全を守る保護者にすぎない。

彼らには彼らの道がある。

自分の道ってのは、自分が心の底からやりたいことに気づき、それを実行すること。

早かれ遅かれ、彼らが自分の道に気づくときが来たとする。

そのとき歳をとっていても手遅れではない。

自分の道に気づくのが100歳だとしたらそこからがスタートだよ。

自分の道に気づいてそれを実行できなくてもいいんだ。きっと魂はすでに磨かれ、

来世に持ちこされるから。

魂には役目があって、その役目を果たすため地球に生かされているんだ。

その役目ってのは、この星で好きなこと、やりたいことを見つけ

それに没頭すること、それを体験しているときに心から

「私の人生は100%満足。悔いはない」と言えることで満たされること。

その瞬間が魂のゴールであり、この星での目標達成なんだ。

そして次の次元へと魂は上昇して行くのだと最近、思えるようになった。

現実的には、歳を重ねると見た目も変わり体も衰えていくのだけど、

年齢なんて気にしなければいいし、最初から時間なんて存在しない…

と、自分が決めればいい。屁理屈だとしてもそれでいいんだよ。

自分の魂が満たされていると感じる方向を目指すこと、自分を信じられることが大事。

それができたらあとは流れに任せ、リラックスして身を委ねて動くだけ。

人生は心の平安、

命の完成を目指す旅。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴミで埋め尽くされた世界

ゴミ… ゴミ… ゴミ… ゴミだらけの海岸。

神との対話

実家から解放され、いつもの場所でフリースタイルフットボールに挑戦。 自分との対話。これすなわち神との対話。究極まで自分を追いこむ。 競争も損得もない。ただあるのは魂だけ。魂を込めて己を磨く。石塊の挑戦 …

曇りのち雨のち晴れ

朝は涼しさを感じられる梅雨時。紫陽花が綺麗に咲き誇る時期になった。 色とりどりのあじさいを目にした瞬間、鬱々とした気持ちは晴れやかになる。 ここは形原あじさいの里。 まさに桃源郷だ。 沢山の紫陽花が私 …

stay…dog

夕暮れ時の蒸し暑さのなか、柴散歩。 たまに散歩中にとまって動かなくなる犬。 犬も黄昏れたくなるときがあるのかね。

お金の目的を考える。

1913年に創造紙幣、通貨発行権が生まれて、お金をつくることが仕事の人が、とんでもない大金持ち。 お金の目的って何かな?人類には、お金を持つ人、持たない人がいて、それによってドラマが生まれてきた。 お …