Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

名作をこの世に遺して。

投稿日:

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。

夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、

実は切り絵のコピーです。

奈良井宿の藤屋というお店で購入したものです。

このお店では手作りのオリジナル作品を販売しています。

切り絵は店主さんのご主人が生前に作られた作品のようです。

数年前にお亡くなりになっていますが、数々の名作品を遺しています。

他にも色んな絵がありました。

とても良い奥さまでした、素敵な絵を見せてくれて感謝です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不思議な空色

台風の影響で空の色が凄かった。 爆焼け。 思わずカメラを空に向けた。

自分…とは

自分という存在とは何か?全体の中のひとつか?ひとつの個としての存在するのか? 僕から自分はという自我、自分対他人の境界が消えたとき、本質に気づけるだろう。 今は古くからの情報を親から押しつけられる。「 …

柴犬かわ

散歩中に柴を置いてトイレへ… かわわわわ(//∇//) 待ってる姿が健気だ… この顔よ…(*^^*)

親と金と紅葉

「親と金」このキーワードに感情が入るとなかなか厄介な問題に発展することが多い。と いうのも、世帯主でない私の口座から知らぬ間に「国保税」が引かれていたからだ。 市役所で聞いたところ理由が判明。親の呪縛 …

回復期

地獄のインフルエンザー3日目。回復傾向にあり、3日ぶりの食事はあまりおいしいとは言えないものであった。明日明後日と安静にする必要がある。。。悲