Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

否定の言葉。

投稿日:

実家に帰ると両親から否定的な言葉を受けて落ち込んでしまう。

お前なんか。あんた。これだめ。

友だちも何度も電話してきて依存的だし誰かの愚痴ばかりで嫌気がさしてしまう。

よく、人は自分をうつす鏡みたいな事を言うけれど他人は自分の分身なのだろうか?

確かに僕だって追い詰められた時は誰かに依存してでもすがりたい気持ちはある。

悪気がないとわかっているから余計に辛い。

人間は感情の生き物だから感情は溜めずに吐き出してしまったほうが良い。

そして孤独というものは僕を自由にするけどいつだって僕を追い詰めてくる。

あまり間に受けず、ものごとを俯瞰して見ていけるようにしようと思う。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クライミライ

今日、犬の散歩中に同じ悩みを抱えた友人からスマホに連絡があった。 どおやらクルマが壊れてしまったらしく一人暮らしは限界のようだ。 そうなると実家に帰るか団地に住むかクルマに住むかの三択になる。 団地に …

ひとりのさみしさ

パートナーを求めれば求めるほど遠ざかる。自分なんてどおせ駄目な存在だ…という観念が捨てられない限り、孤立感は消えない。ひとりの時間は必要、でも、想像以上に悲しい。

今日の積み重ね

今日は自然の中を迷いながら歩いた。 ひたすら 歩いた 結果 よくやった^_^

ザ・インフル(2日目)

昨日から急にはじまったインフルエンザとの闘いは、今も続いている。 発熱や関節の痛みは寛解に向かっているが、いちばん不快な吐き気と闘っている。 インフルエンザーの潜伏期間は1〜3日、完治しても5日は様子 …

天から贈りもの

先ほど名古屋からの帰りに車中にてピキッ!という激しい音がしました。 窓ガラスに飛び石です。飛んできたというより橋の上から降って来た感じです。 幸運にも運転席の視覚から外れていました。これはまさしく天か …