Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

回り道もあっていい

投稿日:2019年6月29日 更新日:

機械工場で、油まみれになって加工してるほうがマシだって、一生懸命なやつが、いつのまにか会社から去った。

半導体工場でクリーンな服きてただ突っ立って機械が検査するのを待つだけってやつらも人脈は増えないし、向上心もなくして、愚痴ばっかのロボットみたいになってる。

一生独身で気のまま暮らしていくんなら工場勤務がいいかもな(笑)なんて既婚者からモラハラ受けてるやつもいる。

一生安泰だって言われてた管理職バリバリこなしてたひとも、自動化の影響で会社の片隅に追いやられている、

それでも家族を抱え、仕事しながら資格の勉強をして再起を計っている。

あるひとは女房に愛想つかされ、またあるひとはだからお前はダメなんだって親や友達に言われ、疲弊してる。

いっぽうで会社の仕事が大好きで毎日楽しいっていうやつもいる。

悪いとこばかり見たいし、見せたくなるのが人間の心理だろう。

たまにホラー映画を観たり、絶叫マシーンに乗ってスリルを味わいたいって感覚に近い。

なぜか、そういうネガな情報ばかり

入ってくるんだよなぁ、

SNSでやらかした有名人を集団でまつりあげ、責めたくなるの陰湿さも、また人間の心理だろう。

ちょっと見方を変えると、日本ってかなり恵まれた国だし、セーフティーネットだってちゃんと用意されている。

だけど、プライドが優先して、ダメな自分を受け入れられないから不安になるし、プライドを守るために嘘をついてしまうんだ。

そして、プライドは高くて、自尊心が低すぎる人がとてと多い、自分も含めて。

最近、自尊心とプライドは

違うってことを知った、

自尊心はどんな自分でも価値があると思える心”のこと。

プライドは自分を大きく見せようとする=自信の欠如からくるもの。

自分には価値がないウイルスに感染したひとが、反社会勢力となり、ヤケになって事件を起こしちゃうんだ。

自分には価値があるって、みんなが自発的に行動したら、世界はもっと良くなる気がするんだけどな、

なぜ?自分には価値がないと思う人がこれほどまでに多いのか?それはきっと

育ちきった大人が自分の考えを子供に押しつけて、子供の可能性を閉じこめているからなんだと思う。

親の期待に反した子供は、親の期待値に応えられなかったことを罪悪としてもち、自己肯定感を低く設定するんだ。

いまや紙がタブレットの時代、情報処理力よりも情報編集力を育てる教育に移行している、

スマホゲームに依存して、多動症になってしまう子もいるけど、頭の柔らかい新人類が誕生している。

マインクラフトやレゴを使ってあらゆる発想や創造性を発揮するんだ。

もちろん我慢を教える教育や、やりたくないことをやる時期も必要だけど、

やりたいこと、やれそうなことみつかったら健康で若いうちにやれる範囲でいろいろやっちゃったほうがいいわ。

一つのところに収まる時代は終わり、そしてまわりと比べて自分を大きくみせる必要もない。

そういう環境が用意されてるんだから、金の成る池の中で、やりたいこと、やってたほうが絶対いいよね。

やりたいことやってそれで死ねるなら、本望じゃない?回り道もあっていい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワークマンプラスのすごさ。

いま、メディアで話題の作業着専門店、ワークマンの上位店があるとのことで早速行ってみました。 ワークマンプラスは作業着だけでなく、カジュアルやアウトドアなつくりになっていて品質も価格も最適で満足の設定に …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …

暑いなかでピックアップスケートをプレイ!

昨日購入したピックアップスケートを早速、海岸にて楽しんできました(^^) 動画はInstagramにあげるつもりです。 今日の収穫はコレ。暑すぎて、ゴミが多すぎて拾う気がしませんでした(^^) 目的は …

夜の太陽。

もう随分と前から夜型の生活になっています。18歳から41歳まで、昼夜2交代勤務で夜勤をしていた事もあり、夜になると脳がクリエイティブになってしまいます。 色んなストレスや問題が重なり、不規則な生活にな …

パンデミック

マスクが品切れだと言うので本当かとコンビニをのぞいてみたら、本当にマスクがない! 母親が買いだめしていたマスクをくれた。ありがたい。 感染症が世界的に流行すると、人は身を守るため行動の行動にでる。 か …