Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

回復への道

投稿日:2020年2月3日 更新日:

少しずつ神経陰性膀胱炎も回復してきて、久しぶりに少しだけ眠ることができた。

しかし、気持ち良い眠気を感じることはない。睡眠障害になって11年が経過。

コントロールできない感情を閉じ込め、嘘の自分を取り繕ってきたダメージは大きい。

脳は完全に副交感神経があることを忘れてしまったようだ。

もう抵抗はしない。今を受け入れ、眠気が少しあるだけで嬉しいと感じて生きていく。

ただ、薬に依存した生活は避けたい。薬を飲んだら治るということは絶対にない。

薬はあくまでも症状を一時的に和らげる治療の一環として必要なもの

急性メンタル疾患なら、薬物治療を中心に休息しながら環境を変えればよい。

しかし、環境を変えられず慢性疾患になってしまったとき、薬はリスクにしかならない。

薬はなるべく使わずに、自然に任せよう。薬物治療を否定したいわけではない。

実際に医師の診察を受け、薬物治療により社会復帰を果たした人たちを見てきたからだ。

薬物治療だけでなく、状況に応じてセラピーなどを受けて精神を整える事が必要。

人薬が必要な場合もあるということ。人でなくても自然や動物と言った薬もある。

うつ病とは、治る、治らないの病気でなく、重くなるか、軽くなるか、だけ。

今の社会システムでは、寛解してもまた再発するだけ、その流れから出ても家庭環境に縛られていては絶対に完治しない。

環境を変えるのが一番。環境を変えられないなら内側にもっているこだわりを少しずつ手放して行くしかない。

普通の人のようにできないことが悪いのではない。自分も相手も責めない。

僕らは生きているだけで意味のある存在。考えるのではなく、心が求めるままに生きよ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

湿気に消毒液

今年も蒸し蒸し、ジトジトする季節が近づいてきた。あの暑さをどう乗り越えるのか…特に不快なのが汗をかいた後のベトベト感。 そのベトベトをとるため、いま、ウイルスの予防として使われているアルコールを消毒液 …

否定の言葉。

実家に帰ると両親から否定的な言葉を受けて落ち込んでしまう。 お前なんか。あんた。これだめ。 友だちも何度も電話してきて依存的だし誰かの愚痴ばかりで嫌気がさしてしまう。 よく、人は自分をうつす鏡みたいな …

人も季節もうつろいゆく。

地元は戦場ですよ、皆んなが詮索してくるし、期待もされる…もう自分は前とは違うのに… 世の中は知らぬ間に変化している。季節もまた夏から秋、秋から冬へと移ろってゆく。 ときどき頭とか身体が思うように動かな …

ワンピースのフィギュアにハマりチュー

今日は甥っ子とボーリングの後、ワンピースのフィギュアを探し購入。 エースが好きな甥っ子にプレゼントしましたが構造がスゴくて僕が欲しいです(泣) 人に喜んでもらえるのは嬉しいです。 カッコええ!

いけにえ

生贄とは、供物として生きた動物をころして神さまき捧げる儀式のこと。 神が動物を創ったのだとしたら、わざわざ創ったもを殺す必要があるだろうか? 人間が人間を管理するために、人間が神という絶対的存在を作っ …