Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

回復への道

投稿日:2020年2月3日 更新日:

少しずつ神経陰性膀胱炎も回復してきて、久しぶりに少しだけ眠ることができた。

しかし、気持ち良い眠気を感じることはない。睡眠障害になって11年が経過。

コントロールできない感情を閉じ込め、嘘の自分を取り繕ってきたダメージは大きい。

脳は完全に副交感神経があることを忘れてしまったようだ。

もう抵抗はしない。今を受け入れ、眠気が少しあるだけで嬉しいと感じて生きていく。

ただ、薬に依存した生活は避けたい。薬を飲んだら治るということは絶対にない。

薬はあくまでも症状を一時的に和らげる治療の一環として必要なもの

急性メンタル疾患なら、薬物治療を中心に休息しながら環境を変えればよい。

しかし、環境を変えられず慢性疾患になってしまったとき、薬はリスクにしかならない。

薬はなるべく使わずに、自然に任せよう。薬物治療を否定したいわけではない。

実際に医師の診察を受け、薬物治療により社会復帰を果たした人たちを見てきたからだ。

薬物治療だけでなく、状況に応じてセラピーなどを受けて精神を整える事が必要。

人薬が必要な場合もあるということ。人でなくても自然や動物と言った薬もある。

うつ病とは、治る、治らないの病気でなく、重くなるか、軽くなるか、だけ。

今の社会システムでは、寛解してもまた再発するだけ、その流れから出ても家庭環境に縛られていては絶対に完治しない。

環境を変えるのが一番。環境を変えられないなら内側にもっているこだわりを少しずつ手放して行くしかない。

普通の人のようにできないことが悪いのではない。自分も相手も責めない。

僕らは生きているだけで意味のある存在。考えるのではなく、心が求めるままに生きよ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

湿度と高温でフラフラな一日

今日は実家の畑で一筋の藁を一束にする作業を手伝いました。 日陰がない畑で約80本ある藁を一束にするのは大変な作業で、中等症の熱中症になり フラフラでした。 家は昔から専業でイチジク畑を管理してます、学 …

持続可能な社会とは何⁇

持続可能な社会とは→「地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会」 人はそれぞれの解釈や正義を持ち、自分だけの …

物の価値を見極める力を磨いていこう。

今世にはたくさんの物が商品として溢れている。それは人々の生活を便利で豊かにしてくれるけど、なかにかそうでない物もある。 物を売る側は多くの人たちに「快」の感情を与えてあげなければならない。テレビのCM …

本気を出す練習。

今日は朝から受験を控えた甥っ子が実家に来ていました。昼から塾があるらしくせっかく実家に来てるのにずっとお勉強です。 まるで点数稼ぎみたいに書いて必死に記憶していました。休みの日も塾で本人はうんざりして …

充実の痛み

リフティングの練習もまた一時間をこえるようになってきた。とにかく無心。 だが、修正する意識は持っている。今日は色んな技を試した。 脚が痛い…でもこれは成長痛。私の挑戦はまだまだまだまだ… つづく。