Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

回復への道

投稿日:2020年2月3日 更新日:

少しずつ神経陰性膀胱炎も回復してきて、久しぶりに少しだけ眠ることができた。

しかし、気持ち良い眠気を感じることはない。睡眠障害になって11年が経過。

コントロールできない感情を閉じ込め、嘘の自分を取り繕ってきたダメージは大きい。

脳は完全に副交感神経があることを忘れてしまったようだ。

もう抵抗はしない。今を受け入れ、眠気が少しあるだけで嬉しいと感じて生きていく。

ただ、薬に依存した生活は避けたい。薬を飲んだら治るということは絶対にない。

薬はあくまでも症状を一時的に和らげる治療の一環として必要なもの

急性メンタル疾患なら、薬物治療を中心に休息しながら環境を変えればよい。

しかし、環境を変えられず慢性疾患になってしまったとき、薬はリスクにしかならない。

薬はなるべく使わずに、自然に任せよう。薬物治療を否定したいわけではない。

実際に医師の診察を受け、薬物治療により社会復帰を果たした人たちを見てきたからだ。

薬物治療だけでなく、状況に応じてセラピーなどを受けて精神を整える事が必要。

人薬が必要な場合もあるということ。人でなくても自然や動物と言った薬もある。

うつ病とは、治る、治らないの病気でなく、重くなるか、軽くなるか、だけ。

今の社会システムでは、寛解してもまた再発するだけ、その流れから出ても家庭環境に縛られていては絶対に完治しない。

環境を変えるのが一番。環境を変えられないなら内側にもっているこだわりを少しずつ手放して行くしかない。

普通の人のようにできないことが悪いのではない。自分も相手も責めない。

僕らは生きているだけで意味のある存在。考えるのではなく、心が求めるままに生きよ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナでフエタもの

コロナの影響で、増えたものがあります。それは弁当の使い捨て容器です。 今やテイクアウトのお弁当が安くて美味しくて手軽でとても便利。 家事のできない消費者やお店を開けられない経営者にとってはプラスの効果 …

くるくるまわる

母の日を前に、母にお花をプレゼント。 今年はあじさい。 母は時に私を悩ませますが、花は無条件で私を癒してくれます。 花は人を元気にします。

脚がちぎれるほど蹴った。

今日は昨日蹴れなかった分、多く蹴った。とにかく蹴った、蹴って蹴って蹴りまくった。 ボールをね。 日々。成長。

不安な時に使いたい言霊。

このセカイをながく経験してみると、否定や挫折は避けては通れない道だったと氣づく。 それは必要な体験であったとしても、後遺症としていまだ精神を苦しめる現実。 否定や挫折に慣れてしまうと知らない「内に邪の …

スマホが曲がった

バッテリーが膨張してるかも。 あらら。。劣化したバッテリーがと膨らみ、液晶ガラスを押し上げています。 たぶん。 タッチもしづらい。放置は危険みたい。でもどこで修理しよう。 この時期にさ。