Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

変わりゆく世界、歪んだ次元。

投稿日:

また、悲劇が起きてしまった。ひとり空港のトイレでひとりで赤ちゃんを産み、就職活動を理由に赤ちゃんの首を絞めて殺してしまった若き女性が逮捕された事件。この事件はこの世界の異常さを物語っている。

事件の取り上げられ方も様々だが、女性を一方的に非難する内容の記事が目立つ。皆、外側の情報に囚われすぎて、内側で何が起こっているのか、内情を知ろうとせず、殺人を犯した人間を一方的に責め立てる。そしてあたかも自分が正義であることを主張し安全を確保する。

本来なら、この女性の子種であった男性にも非難がゆくはず、だが、問題はそこではない。なぜ?生命が誕生すると税金が課せられるのか?お金が無い者に子どもを産んで育てる資格はないと言わんばかりの社会構造に疑問を感じずにはいられない。この世にマネーがあるのはゲームを楽しむため、ただそれだけ。子供が産まれた瞬間、親子に一生涯暮らせるお金が支給されたり周りが無償でサポートするような次元ならばこのような事件は起こらないはず。

こういう事件は当然のように毎年起きていて、社会構造を疑うことなく殺人者を一方的に攻めたてるメディアに何の疑問も感じない人が多くいる。まず、どおして子どもを産んで育てるのか?この根源的な意味を問われなければならない。自分の生存本能や欲求を満たすためではなく、この世界、この社会をより良くするために子供を産んで欲しい。なぜ?自分の子供を殺したり、自分の子供に殺されたりする人が多いのか?それは、この社会システムに原因があるのではないだろうか。

生命の誕生の本当の意味ってなんだろうね。日本型社会主義によって利権をむさぼる者、特権を手にした者が優遇され、そうでない者は搾取される世界。これは、おかしい。こんなこといつまでも繰り返していいはずない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宇宙とは何だろう?

ここ数年間、宇宙について深く考えます。未だかつて宇宙飛行士しか行った事のない宇宙の神秘。宇宙って何なんだろう?僕たちが画面や紙で魅せられている未知なる場所とは? 2020年も中盤となり、ウイルスによっ …

自分を励ます

「わたしがいるから、わたしのせいで、わたしがわるいんだ…」そうした自責の念に襲われる時がある。そんな時は、自分で自分を励ます。 自分は良くやった。嫌な事と向き合って、抑圧の中で、そうするしかなかった。 …

no image

自分の中に光を持っているのなら…今あるものに感謝して、未来に希望を持って歩こう。

自分の中に光を持っているのに、「私はダメかもしれない」ってね。それはせっかく懐中電灯を持ちながら眼をつぶって歩くようなものです。尊いものを持っているのにそのありがたさに気づかない。贅沢ですよ。 これは …

no image

テスト

テスト

竜神の滝

岐阜県中津川市の夕森公園内にある竜神の滝で素晴らしい景色を撮影してきました。 無料駐車場へついた時は早朝8時50分くらい?たぶん2番乗り。目の前にド根性もみじ! 石の上に根を張りバランスを保ちながら今 …