Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

変わりゆく世界、歪んだ次元。

投稿日:

また、悲劇が起きてしまった。ひとり空港のトイレでひとりで赤ちゃんを産み、就職活動を理由に赤ちゃんの首を絞めて殺してしまった若き女性が逮捕された事件。この事件はこの世界の異常さを物語っている。

事件の取り上げられ方も様々だが、女性を一方的に非難する内容の記事が目立つ。皆、外側の情報に囚われすぎて、内側で何が起こっているのか、内情を知ろうとせず、殺人を犯した人間を一方的に責め立てる。そしてあたかも自分が正義であることを主張し安全を確保する。

本来なら、この女性の子種であった男性にも非難がゆくはず、だが、問題はそこではない。なぜ?生命が誕生すると税金が課せられるのか?お金が無い者に子どもを産んで育てる資格はないと言わんばかりの社会構造に疑問を感じずにはいられない。この世にマネーがあるのはゲームを楽しむため、ただそれだけ。子供が産まれた瞬間、親子に一生涯暮らせるお金が支給されたり周りが無償でサポートするような次元ならばこのような事件は起こらないはず。

こういう事件は当然のように毎年起きていて、社会構造を疑うことなく殺人者を一方的に攻めたてるメディアに何の疑問も感じない人が多くいる。まず、どおして子どもを産んで育てるのか?この根源的な意味を問われなければならない。自分の生存本能や欲求を満たすためではなく、この世界、この社会をより良くするために子供を産んで欲しい。なぜ?自分の子供を殺したり、自分の子供に殺されたりする人が多いのか?それは、この社会システムに原因があるのではないだろうか。

生命の誕生の本当の意味ってなんだろうね。日本型社会主義によって利権をむさぼる者、特権を手にした者が優遇され、そうでない者は搾取される世界。これは、おかしい。こんなこといつまでも繰り返していいはずない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平凡と非凡

平凡と非凡。そもそも平凡とは人より優れた点もなくあたり前なこと。 今、平凡で普通の人生を歩めずに苦しんでいる人が沢山いる。 頑張りたいのに頑張れない状況のままファイトしてしまったら誤解や偏見は免れない …

季節は冬へ

冬に向け、色を変えるメタセコイア並木は美しくて愛おしいです。

パワハラ労働あっせんの最終結果。

元職場のパワハラによって精神障害になった事実を認めてもらうため 特定社労士を通し労働基準局から会社に対し労働あっせん申請した結果が出ました。 会社はパワハラの事実について「否定」しており、あっせん不参 …

コロナウイルスを予防するために必要な行動。

今、中国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。東京オリンピックを控えた日本にとって大変な驚異となっています。 コロナウイルスの症状として、発熱、せき、息苦しさ、呼吸困難などがあります。 肺が壊 …

ストレスと向き合い、精神を整える。

今日は昨日、母と行った京都旅の疲れがどっとでた1日だった。 早朝に会社の元上司から退職に関する最後と聞き込みがあった。 職場環境はどうだったか?これからどおするのか? 何か言っておきたいことはあるか? …