Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

夜の太陽。

投稿日:

もう随分と前から夜型の生活になっています。18歳から41歳まで、昼夜2交代勤務で夜勤をしていた事もあり、夜になると脳がクリエイティブになってしまいます。

色んなストレスや問題が重なり、不規則な生活になったのも事実。抑圧の中で鬱が酷くなり、不眠症に悩まされながら、毎日8〜10時間。会社に行ってました。

やがてまったく眠れなくなり、憂うつすぎて通勤も困難となり、誰もいない早朝に会社の駐車場で就業時間ギリギリまで仮眠してました。

あの頃は洗脳されていたほうが楽だったのでしばらく嫌な環境にしがみついていました、本当に地獄のような日々でしたが、今は焦って会社に出勤する事もなくなりました。

生活リズムをつくることは非常に大切だと思いますが、焦って生活リズムを整える必要もありません。僕らの世代は、「標準として決められた事は決められた時間通りキチンとやる事」が美徳とされていましたから、

会社員の時はとにかく我慢、我慢の連続でした。自分の体からの発せられる悲鳴よりも、親を心配させたくない気持ちとか、お金という安定とか、そういうものにすがりつきました。洗脳されてたほうが楽だったからです。

今も苦しい日々が続いていますが、こうしてブログを書いています。ここは一日の終わりの締めくくりを記す場所になっています。夜の太陽だって、誰かを照らす事ができるんだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名作をこの世に遺して。

先日、長野県の奈良井宿へ家族で行った時に父親が購入した切り絵が実家の玄関に飾ってあります。 夕陽に照らされ、どこか味わい深くも懐かしさを感じられるこの作品、 実は切り絵のコピーです。 奈良井宿の藤屋と …

寄り添うこと、付き添うこと。

「寄り添う」とは、体をそばに寄せ、心を寄り添い、相手の気持ちを理解する意。 「付き添う」とは、弱い者や小さな者のように世話や保護を必要とする者のそばにいる意。 今日は母親からスマホの機種変更に付き添っ …

ねったいやもういや

今夜は熱帯夜。扇風機の風量をMAXにしても、クーラーの温度をMAXに下げても涼しくならない。15年もメンテナンスしていないクーラーだから仕方ないにしても高温多湿すぎる。もう嫌ってなるよね。

自分のために生き、心を整えて行く。

誰かの為に生きる。いっけん素晴らしいことのように思えます。 でも、実は、自分を大事にすることの延長線上に家族や社会があるのです。 外側では沢山の不条理があります。誰かのせいにしたくなるほどおかしな世で …

嘘と欺瞞に満ちた世界。

真実と嘘が混ざり合う世界のなかで、私たちは沢山の情報に触れている。それぞれがそれぞれの正義を主張し、ほとんどの人間が偏った情報を信じて不安や怒りを感じている。 怒り…それは非常に厄介な感情だ。怒りは人 …