Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

大我と小我を知り、大きな流れに乗って行こう。

投稿日:

最近、大我という言葉を知りました。

我とは、個人のとらわれた見地を離れた自由自在の境地である。

見返りを求めず与える利他精神。

逆に小我という言葉があります。

小我とは、個人的な狭い範囲に閉じこもった自我のこと。

自分の事を中心とした利己の精神。

執着を手放すと人は大我に向かい自由になるといいます。

体我とは、生まれたての赤ちゃんのようにあるがまま、我のままでいること。

小我へ向かうとき、人は社会の流れの中で自我を形成していきます。

そして、社会の流れの中で色んな経験を自ら選択していきます。

学校へ行くことも、会社へ行くことも、親や先生の言う事を聞くことも、

すべての事柄は自分で選んでいます、今世で何かを成し遂げるために、

必要な経験をするため、私たちは親や子を自ら選んで産まれてきたのだというのです。

自らの世界を創造し、破壊していきます。すべて経験するためです。

やりたくないことも、くるしいことも、経験するために起きている現象。

お金を稼ぐことも、お金を稼ぐためには労働して苦労しなくてはならないことも。

失敗も、成功も、すべて、自分で選んだことだというのです。

それらを手放していくと、人は大我に戻れるのです。

私たち人類には、こうしなければいけない。こうでなくてはならない。という制約条件が課せられています。

これは避けられないシステムであり、そうプログラムされてきているようです。

私たちの魂は、ひとつの海のような大きな塊でした。

海のような塊から一滴の魂が個性を持ち、今世を体験します。

大我であった魂は、小我を経験し、やがて魂のしずくとなり、大きな塊へと帰ります。

創造と破壊を繰り返し、魂の塊は形を変えていきます。

まるで誰かが意図的に、僕らを試しているかのようです。

何に試されているのかはいずれ知るときがくるのでしょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あーめん。

雨が降り続いている。。 新緑が雨に反射したりして…ちょっと素敵な気分になったりする季節。 雨の音。 雨のにおい。 虫の目で見る季節。 こういうの、僕は好きだ。 そんなふうに… 雨を感じていよう。

花粉とアレルギー性ぴえん🥺

春に近づいてくると、スギ花粉に半端なく反応してしまうのです。 目のかゆみ、鼻水、息苦しさ、そして不眠症。まさに地獄な組み合わせ(泣) 花粉や鼻炎は人にとって最も重要な「呼吸」の妨げになってしまいます。 …

うなぎをいただきました

今日はうなぎを食べに愛知県一色町の「うなぎ処いっしき」へ行ってきました。 美味しかったです。 デザートもすごく美味しかった。 穴場だと思います。 近くに魚広場があります。 魚には興味がないのでキャラメ …

海の底

夜、海の底にあるトンネルを歩いた。友人と、愚痴とか語り合いながら… 夜の海は、静かで不気味。だけど、なんだかワクワクするんだよな。

自粛で味わう新世界

わるい風邪の影響で、自粛を余儀なくされている。母との約束もキャンセルした。 こんなときでも、インターネットを見れば沢山の娯楽や情報に触れる事ができる。 その情報を、「行動」に移してしまうと行動すること …