Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

大我と小我を知り、大きな流れに乗って行こう。

投稿日:

最近、大我という言葉を知りました。

我とは、個人のとらわれた見地を離れた自由自在の境地である。

見返りを求めず与える利他精神。

逆に小我という言葉があります。

小我とは、個人的な狭い範囲に閉じこもった自我のこと。

自分の事を中心とした利己の精神。

執着を手放すと人は大我に向かい自由になるといいます。

体我とは、生まれたての赤ちゃんのようにあるがまま、我のままでいること。

小我へ向かうとき、人は社会の流れの中で自我を形成していきます。

そして、社会の流れの中で色んな経験を自ら選択していきます。

学校へ行くことも、会社へ行くことも、親や先生の言う事を聞くことも、

すべての事柄は自分で選んでいます、今世で何かを成し遂げるために、

必要な経験をするため、私たちは親や子を自ら選んで産まれてきたのだというのです。

自らの世界を創造し、破壊していきます。すべて経験するためです。

やりたくないことも、くるしいことも、経験するために起きている現象。

お金を稼ぐことも、お金を稼ぐためには労働して苦労しなくてはならないことも。

失敗も、成功も、すべて、自分で選んだことだというのです。

それらを手放していくと、人は大我に戻れるのです。

私たち人類には、こうしなければいけない。こうでなくてはならない。という制約条件が課せられています。

これは避けられないシステムであり、そうプログラムされてきているようです。

私たちの魂は、ひとつの海のような大きな塊でした。

海のような塊から一滴の魂が個性を持ち、今世を体験します。

大我であった魂は、小我を経験し、やがて魂のしずくとなり、大きな塊へと帰ります。

創造と破壊を繰り返し、魂の塊は形を変えていきます。

まるで誰かが意図的に、僕らを試しているかのようです。

何に試されているのかはいずれ知るときがくるのでしょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニトリNクールのペットベッドにinする柴犬

先日、ニトリで購入したペットベッドが気にいるか、うちの犬で試してみた。 結果… しっぽり。おさまったw 気持ちよさそう… 犬になりたいw

no image

人生とは、いまこの瞬間をどれだけ楽しめたかどおかだと思います。

自分を愉しませないで、どうして人を楽しませることができるというのか。

夏がはじまった。

暑い、暑い、蒸し暑い夏が、いよいよはじまった。今日は一日中、吐き気とともに過ごした。体調管理に氣をつけながらいろんなものを手放して行こうと思う。

争わずに受け入れること。

今日までにこれをこうしなくちゃ!はやくなんとかしないと!こうならないと!なんでこんなこともできないんだろう… こんなふうに何かに抗えば抗うほど焦りが募って苦しくなって、最後は気力を失ってしまう… だか …

人生はおもしろい。

人は誰しも問題を抱えている。それを共有する事で救われたり励まされたりすることがある。誰かを励ますだけじゃなく、自分自身を解放してやるとそれが結果、誰かと繋がり何かプラスに作用する事につながる。 人生は …