Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

嫉妬という感情

投稿日:

嫉妬…それは現代が抱える問題であり、正常な感情だ。自分に無いものをもっているあの人がうらやましかったり、他人が自分より恵まれた環境にいることを妬んだり、優れた才能を持っている人に対して腹を立てたり、自分の好きな人の愛情が他の誰かに向くのを恨み憎んだり…

最近はSNSでクオリティーの高い写真や動画、楽しそうにしている投稿を目にしてしまい、嫉妬することが多くなっている。それを見て悲しくなったり、攻撃的になったりする人がいる。私もその中の一人である。嫉妬するのが怖くて自分や他者と向き合わなくなるのも問題だ。そんな嫉妬の正体っていったい何だろう?

まず、「嫉妬を認めることは勝ち負けではない」ということを理解しておかなければならない。嫉妬は自然な感情なのだから、初めに嫉妬していることに自分に氣づくことが大事だ。「相手ではなく、自分の満たされていない感情に目を向けること」自分はどおしたいんだろう…と、客観的に考えることが必要になる。

極端に自己愛や無価値観が強い人ほど嫉妬しやすい傾向があるので、嫉妬によって感情的になってしまう人は意識的に嫉妬と向き合い、自分の感情をコントロールすること。そして、上下関係に執着しないということが必要だ。

私の世代は学校の部活や職場の仕事において上下関係がを感じざるを得ないことが強くあり、人との関わりが常に上下関係にあったので嫉妬を感じやすいタイプである。今でも嫉妬に流されてしまいそうになることもある。しかし、自分と向き合う時間を設けたことで、少しずつ、自己価値を感じられるようになった。

あの人は自分よりも凄い!とか、あの人は自分よりも駄目!とか、我々の脳は、序列をつけたがるようプログラムされているのかも知れない。人をリスペクトし、目標にすることは素晴らしいことだと思う。でも、人はもともと対等な存在であるということを忘れてはならない。今まで積み上げて来た自分の人生を認め、我慢している自分に氣づけたら、あなたもわたしも成長して行けるのだろう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

台風一過

台風10号が過ぎ去った朝、蒸し暑さと実家から解放された安堵感、将来に対する不安感が同時に押し寄せた一日だった。

雨の金曜日に思うこと

人生にはあらゆるステージがあり、変化していくもの。 その時、その瞬間、幸せに生きていることが未来につながります。 今を一生懸命に生きましょう。

中耳炎

我が家の犬が中耳炎だった!?右耳をかなり気にしていたので先日、父が動物病院へ連れていったところ発覚。 犬に抗生物質を飲ませたらおしっこ我慢できないほど副作用があったらしい…今は症状も収まってきているの …

ラーメンは下がった波動を上げる食べもの

久しぶりにツレと外食しようとしたら、夜8時以降やってる店舗は無かった。 やっていてもテイクアウトのみで、店内で食べられそうな雰囲気のお店はない。 しぶしぶ帰ろうとした、その時、一軒のラーメン店を発見。 …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …