Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

嫉妬という感情

投稿日:

嫉妬…それは現代が抱える問題であり、正常な感情だ。自分に無いものをもっているあの人がうらやましかったり、他人が自分より恵まれた環境にいることを妬んだり、優れた才能を持っている人に対して腹を立てたり、自分の好きな人の愛情が他の誰かに向くのを恨み憎んだり…

最近はSNSでクオリティーの高い写真や動画、楽しそうにしている投稿を目にしてしまい、嫉妬することが多くなっている。それを見て悲しくなったり、攻撃的になったりする人がいる。私もその中の一人である。嫉妬するのが怖くて自分や他者と向き合わなくなるのも問題だ。そんな嫉妬の正体っていったい何だろう?

まず、「嫉妬を認めることは勝ち負けではない」ということを理解しておかなければならない。嫉妬は自然な感情なのだから、初めに嫉妬していることに自分に氣づくことが大事だ。「相手ではなく、自分の満たされていない感情に目を向けること」自分はどおしたいんだろう…と、客観的に考えることが必要になる。

極端に自己愛や無価値観が強い人ほど嫉妬しやすい傾向があるので、嫉妬によって感情的になってしまう人は意識的に嫉妬と向き合い、自分の感情をコントロールすること。そして、上下関係に執着しないということが必要だ。

私の世代は学校の部活や職場の仕事において上下関係がを感じざるを得ないことが強くあり、人との関わりが常に上下関係にあったので嫉妬を感じやすいタイプである。今でも嫉妬に流されてしまいそうになることもある。しかし、自分と向き合う時間を設けたことで、少しずつ、自己価値を感じられるようになった。

あの人は自分よりも凄い!とか、あの人は自分よりも駄目!とか、我々の脳は、序列をつけたがるようプログラムされているのかも知れない。人をリスペクトし、目標にすることは素晴らしいことだと思う。でも、人はもともと対等な存在であるということを忘れてはならない。今まで積み上げて来た自分の人生を認め、我慢している自分に氣づけたら、あなたもわたしも成長して行けるのだろう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一寸先は…ひかり

今日は空が抜けるように綺麗だった。龍雲みたいな雲が滑らかに流れていた。 そんなアオゾラとはウラハラに心は孤独と虚しさと苦しさでいっぱいだ。 朝の光を感じる気力がない。闇は脳を覚醒させ、僕を惑わせる。 …

体調不良な一日

お正月はモラ母とドク父の言葉にとても疲弊しています。 プライドが高く自尊心の低い家族、落胆する母の行動にビクビクする父と僕。 気が弱い父は自分の事しか喋らない。上から目線で感情的に話すので、話しを聞い …

新地球ビジョン。

いま、ウイルスの猛威によって世界的な混乱が巻き起こっています。 ですが、人類にとっては大きなチャンスではないかと個人的には思っています。 物質世界から精神世界へと移行して自由意志へと向かっています。 …

自分自身の信念を信仰せよ

私は昔から信仰という言葉がすごく嫌いでした。なぜなら宗教=洗脳と思うからです。 そもそも信仰とは、何か? 信仰とは→「神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。 …

便利は不便

デジタル社会。インターネットの環境があればいつでもどこにいてもGAFAが色んな情報や物を瞬時に与えてくれる。 スマホなどのデバイスをうまく利用すれば、ビジネスとして活用できるし、他者に価値を与え、表現 …