Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

嫉妬という感情

投稿日:

嫉妬…それは現代が抱える問題であり、正常な感情だ。自分に無いものをもっているあの人がうらやましかったり、他人が自分より恵まれた環境にいることを妬んだり、優れた才能を持っている人に対して腹を立てたり、自分の好きな人の愛情が他の誰かに向くのを恨み憎んだり…

最近はSNSでクオリティーの高い写真や動画、楽しそうにしている投稿を目にしてしまい、嫉妬することが多くなっている。それを見て悲しくなったり、攻撃的になったりする人がいる。私もその中の一人である。嫉妬するのが怖くて自分や他者と向き合わなくなるのも問題だ。そんな嫉妬の正体っていったい何だろう?

まず、「嫉妬を認めることは勝ち負けではない」ということを理解しておかなければならない。嫉妬は自然な感情なのだから、初めに嫉妬していることに自分に氣づくことが大事だ。「相手ではなく、自分の満たされていない感情に目を向けること」自分はどおしたいんだろう…と、客観的に考えることが必要になる。

極端に自己愛や無価値観が強い人ほど嫉妬しやすい傾向があるので、嫉妬によって感情的になってしまう人は意識的に嫉妬と向き合い、自分の感情をコントロールすること。そして、上下関係に執着しないということが必要だ。

私の世代は学校の部活や職場の仕事において上下関係がを感じざるを得ないことが強くあり、人との関わりが常に上下関係にあったので嫉妬を感じやすいタイプである。今でも嫉妬に流されてしまいそうになることもある。しかし、自分と向き合う時間を設けたことで、少しずつ、自己価値を感じられるようになった。

あの人は自分よりも凄い!とか、あの人は自分よりも駄目!とか、我々の脳は、序列をつけたがるようプログラムされているのかも知れない。人をリスペクトし、目標にすることは素晴らしいことだと思う。でも、人はもともと対等な存在であるということを忘れてはならない。今まで積み上げて来た自分の人生を認め、我慢している自分に氣づけたら、あなたもわたしも成長して行けるのだろう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個性が目覚めるとき、人は次の次元へ上がっていく。

世の子供たちは親や大人に言われた事を言われた通りにしているよ。 でも本当にやりたいことは もっと別にあるんだ。 大人は子供に、これは違う、これをやれっていう気持ちになる。 皆んなと同じでなきゃ取り残さ …

晩秋の風

やっと、やっと、風が冷たく感じられるようになってきました。 空の蒼さ、雲の輪郭。孤独という苦しさを紛わすため少しボールを蹴りました。 秋の終わりを撮りに行こうかな。

ドラゴン桜とかいう神ドラマ

先日、ドラゴン桜というドラマが気になったのでちょっと観てみた。そしたらとてもおもしろくて感動した。 前作のキャスティングがあまり好きではなかったのと、熱血教師的な作品が好きではないので観なかったのだが …

人生に悩みはつきものなのか?

悩みの正体、つまりそれ心。心とは人と人の間で生まれるもの。悩みの根源は人間関係によって生まれる。人は悩み葛藤するなかで成長する生きもの。しかし、悩みにつきまとわれ身動きが取れなくなり自ら命を落とす者も …

魂の行く先

今日は会社の書類を作成して郵便局に行き、 そのまま名古屋へ向かいました。 理由は… ワンピースのフィギュアです。 令和の夏に甥っ子と映画館で観たあのシーンが忘れられなくて… とてもカッコいいです! 胸 …