Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

学校へ行かせなくてもいいじゃないか!親は執着を捨てよう。

投稿日:

前に連絡があった人と関わりを持ってからしつこい闇を感じてきた。闇の正体は親子関係にある。それがけっこう根深い。

その親は子どもの将来を気にしてどおしても学校に行かせたいらしい、しかし子どもは行きたくないと主張している。

親が子どものために良かれと思ってしていることは強制という人間破壊行為だ。子どもは精神的に追い詰められ、どこかで爆発してしまう。

それを私に相談しようと何度も何度も電話やメッセージを入れてくる。正直、怖い。その人に関わってしまった私もわるかった。

とにかく気にしないこと、関わらないことが大事。一旦、離れて自分の時間を大切にして行こうと思う。いい成長の機会となった。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛の種類。

日本語でよく使われる言葉に、愛という字がある。僕はこの愛という響きが胡散臭くて好きになれない。なぜだろう? そもそも愛とは?愛の意味は何だろう? 愛とは:対象をかけがえのないものと認め、それに惹きつけ …

蒸し暑さとともに、この世界の未来を感じてみる。

ワクチン義務化、マイクロチップ義務化、マイナンバー義務化、ベーシックインカムなど、 スーパーシティー法案からムーンショット計画まで話しが進んできています。 GDP(国内総生産)に貢献しなければ人間扱い …

秋の気配

いよいよ秋がやってきた。 散歩道に、マリーゴールドが綺麗に咲いていました。どんないいことがあるだろう。

秘密基地

僕が小学生の頃、よく友だちと秘密基地をつくって遊んでいた。 土手の斜面、竹やぶの中、見るもの全てが未知の世界で楽しかった。 子供の頃に体験したことは多くの学びを与えてくれた。 当時、「僕らの七日観戦」 …

畑薙(はたなぎ)大吊橋の紅葉

静岡県にある秘境の吊り橋を目指した。高速を降りてから長い長い山道を延々と走る… そして駐車場に到着し、歩くこと20〜30分で、ようやく吊り橋が見えてくる。 この絶景。大井川の畑薙第一ダム上流に架かる長 …