Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

宇宙の真ん中という考え方。

投稿日:

5月が終わり、明日から6月がはじまります。気候的に苦手な時期で、体調や気持ちの面で落ち込んでしまいます。

ダークサイドの流れを断ち切るために、無理にポジティブなふりをして元気を出そうとしてもあとで苦しくなります。

だからネガティブを受け入れ、それが今の自分なのだからしょうがないって、我がままで生きれらたらいいな、

生まれたばかりの子供のようにね。

我がままとは、ワガママ(自分勝手)であることではなく、自分の心に素直に生きるということで、そこには責任と意思があります。

我がままでいるためには、反応せず、目的を持たず、問題を作らず、ただ感情を手放し、今を感じて生きる事だと思います。

しかし、手放す。というのは感情を持つ人間にとってつまらない拷問のようなものです。

人は群の中で体験や経験を通して他者に認められたり、成長を実感したい生きもの。成功や失敗を繰り返して生きたい動物なのです。

元々、人間の機能に設定された、したい欲、を手放す事は修行僧のような行為。

古代中国の思想家、孔子は

上天のことは声もなく臭いもなし

天の仕事には言葉も姿もないが、その無為の中で大きな仕事をしている。人もそれにのっとるべきだ。」

と言っています。

これはつまり、自然の中で自然に任せて生きろ。中立であれ、ということではないでしょうか?つまり、人はいずれ、自然とともに暮らすようになる。

宇宙の中心へ戻って行くのだと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日は家族旅行

天気は曇りのち雨。運転手は僕。行き先は長野県。寝覚の床〜奈良井宿〜わァ食キッチンEATでソースカツ丼〜リンゴ園。 奈良井宿は2年ぶり、前回も秋で雨だったけど楽しかった。ひとりだったけど山々の紅葉がとて …

スローダウン

気持ちが下がりっぱなし、なんてことだ…ネガティブしか考えられない。 重い頭、重い体、抑うつで全てが嫌になりそうな一日だった。 消えない、消せない、記憶、将来、悲観、だけど希望はある。生きているかぎり。 …

no image

嵐の日

今日は朝から台風の影響で風が強く吹いていました、実家の洋間にいると、ずっとテレビを見せられますのでなんだかとても暇でした。明日はアパートに帰られるかな?

ダメダメンタル

今日は一日、倦怠感と吐き気がひどかった…今も気持ちが沈んでいる。 メンタルが完全にダメな一日。気温や気圧の影響か?何とかしたいけど… 自然にまかせるのがいちばん。きっと大丈夫。そう自分に言い聞かせてい …

成長痛

リフティング頑張りすぎて脚がパンパンだけど、もの凄い成長してきた。 やっと、しっかりボールを回せるようになってきたから嬉しい。 いつか気持ちよく蹴れる日がくるまで今この一瞬に命をかける。