Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

宇宙の真ん中という考え方。

投稿日:

5月が終わり、明日から6月がはじまります。気候的に苦手な時期で、体調や気持ちの面で落ち込んでしまいます。

ダークサイドの流れを断ち切るために、無理にポジティブなふりをして元気を出そうとしてもあとで苦しくなります。

だからネガティブを受け入れ、それが今の自分なのだからしょうがないって、我がままで生きれらたらいいな、

生まれたばかりの子供のようにね。

我がままとは、ワガママ(自分勝手)であることではなく、自分の心に素直に生きるということで、そこには責任と意思があります。

我がままでいるためには、反応せず、目的を持たず、問題を作らず、ただ感情を手放し、今を感じて生きる事だと思います。

しかし、手放す。というのは感情を持つ人間にとってつまらない拷問のようなものです。

人は群の中で体験や経験を通して他者に認められたり、成長を実感したい生きもの。成功や失敗を繰り返して生きたい動物なのです。

元々、人間の機能に設定された、したい欲、を手放す事は修行僧のような行為。

古代中国の思想家、孔子は

上天のことは声もなく臭いもなし

天の仕事には言葉も姿もないが、その無為の中で大きな仕事をしている。人もそれにのっとるべきだ。」

と言っています。

これはつまり、自然の中で自然に任せて生きろ。中立であれ、ということではないでしょうか?つまり、人はいずれ、自然とともに暮らすようになる。

宇宙の中心へ戻って行くのだと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふりまわされる

今、ある人と時間を共にする機会がある。朝まで付き合い、仮眠。ほとんど寝てられない。世の中ほんと色んな人がいる。自分を見失わないように徳を積んで行こう。やればやった分だけ自分に返ってくるのだ。それが善い …

一人一人が役者。

人生は一幕の喜劇に過ぎない。そこでは様々な役者が衣裳と仮面で扮装し、代わる代わる登場しては、退場を命じられるまで己の役を演じるのだ。エラスムス(神学者) ぼくらは誰かの脇役ではなく、一人一人が主役とし …

創造から創生、地球の希望。

これから世界は少しずつ、新しい秩序が創生され、組織は新しい体制に創成される。世界が始まる、 世界創世期。 RV/GCR発動とともに大量生逮捕、歴史の嘘が暴かれ、情報が開示されていく。 世界金融リセット …

この冬もワークマンプラスで乗り切るぞ!!!

ワークマンプラスでミリタリージャケットとニットジャケットを購入。 ニットジャケットは首まわりがボリューミー小顔効果も期待でき、動きやすそう。これから着て行こうと思う。 ミリタリージャケットはすでに着用 …

愛の存在

昨晩は頻尿の症状が強くあり、トイレに10回以上行ってしまった。 体調が安定しないなかでも犬のあずきが僕にとって救いになった。 家族にとっても救いの犬。 まさに愛の存在。人でも動物でも愛が必要。愛はまち …