Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

市役所という場所

投稿日:

今日は市役所で必要な手続きの準備をしてきた。市役所にはさまざまな手続きをする場所があり生活に役立つ情報を与えてくれる。

僕が住民として属する地域の市役所は対応が良く、様々な制度を受けられる。しかし、社会とコネクトしていないと「堕落者」としての生きかたを強いらるように感じてしまう。

それは僕の無知がそうさせている。しかしそれを否定することもない。

僕は今まで思考を停止させ工場で働く事しか知らなかった、仕事は苦痛だったけど目の前の事を一生懸命やっていればお金というものは会社が管理し回してくれたから。

だからいざ、お金の手続きや仕組みのことになると何のことかまったくわからなくなる。

これから社会的弱者となれば搾取されるのではないか?生活が制限されるのではないか?両親を困らせるのではないか?俺はなんてダメな人間なんだろう。

すべての行動が「自己否定」につながってしまう苦しさがずっとある。

これから障害者として制限された世界で生きて行くか。社会と関わり、暗い顔して仕事に向かい、気持ちを擦り減らし経済を回していくのか。

紙切れに二択の生きかたを迫られる項目があった。他の選択肢はないのか?どれが僕にとって最善なのか?

お金の仕組みに関しては本当に複雑で、どんな手続きをすればいいのかわからないなかで、地域に属し、貢献できない自分に対しての周りの目は冷たくも感じてしまう。

それだけ「会社」というカテゴリーは大きな信用と信頼の証しとなっているんだ。

外側からくる重たい感情に反応すると魂は小さくなって活動を止めようとするんだ。

そんな時こそ、自分の内側にある想いを大切にする時なんだと思う。

内側はすでにどうあるべきか?

知っている。

「恐ることはない、安心していれば良い、あるがままの魂でいれば良い」

くることに対してひとつひとつ丁寧に向き合っていけば良いんだ。

神や天使は必ず良い方向へ導いてくれる。

僕の内側はそれを信じきっている。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お正月は

あけましておめでとうございマウス🐭 https://ko-the.com/wp-content/uploads/2020/01/joined_video_144ce6ddc2ca4a1 …

真実探求欲

真実とは學ぶものではなく、己で探求するものだ。己が動き、振動して生まれる波動が何かと繋がる瞬間に、覚醒体験は起きると信じてる。

世界を良くする事ができる戦術。

世界を良くする事ができる戦術 ①情報を得る、意見を言う、他人と繋がる、 ②地元の銀行を利用する、中央化された大銀行から預金を引き出して地元の銀行や信用組合に預ければ、問題への資金供給を止めて解決策に資 …

一笑一若・一怒一老

「一笑一若・一怒一老」という中国の言葉があることを知った。一回笑えば若くなり、一回怒ると老け込むのという意味らしい。 ストレスをぶつけてきたり、すぐに怒る人がいる。笑いを忘れた人が多い気がする。笑えな …

神との対話

実家から解放され、いつもの場所でフリースタイルフットボールに挑戦。 自分との対話。これすなわち神との対話。究極まで自分を追いこむ。 競争も損得もない。ただあるのは魂だけ。魂を込めて己を磨く。石塊の挑戦 …