Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

彼岸花の憂鬱

投稿日:

実家DAY。母はかゆみでイライラしながら病院へ…無関心な父は庭の管理で行ったり来たり。

なんだこの憂鬱な現実を感じながら父の為に昼飯を買いに行く途中、彼岸花が咲いていた。

リコリスという品種らしい…なんとも奇妙で可愛い色をしている。

黄色、オレンジ、ピンク、赤、いろんな彼岸花が間隔を開けて咲いていた。

まるでソーシャルディスタンスでもしているみたいな不自然さを感じさせる。

秋は近い。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

表現者としての人生を…

自由なんてある訳ない!なんて言葉を投げつけてくる人がいるけれど、自分を、自分らしく、自由に、表現する事は出来る。皆、個性を持っている。はずなのに、村八分とか、大勢から見放される恐怖とか、見えない何かに …

蒸し蒸しな時期

蒸し暑い季節がやってきた、一年で最も苦手な時期だ。 過去に出会った人のなかに、この時期の湿気が好きだという女性がいた。 「一年のなかで好きな時期は?」 という質問に対し、「特に6月〜7月の梅雨どきが好 …

音楽のチカラ

音楽で音を楽しみ 音学で音を学ぶ。 昨夜、眠れずに苦しんでいる時、 Mr.Childrenの新曲「birthday」を 聴いて鳥肌がたった。 壮大な流れのメロディーと力強い言葉が琴線に触れた。 素晴ら …

鬼滅の刃フィギュア我妻善逸バージョン完成。

道だって?これから行くところに道はない。目の前に何があるのか。”今ここ“を見極めるのが、何よりも難しい。だが、 それ以上に大切な事はない。 鬼滅の刃フィギュアの我妻善逸をかっこ …

花粉とアレルギー性ぴえん🥺

春に近づいてくると、スギ花粉に半端なく反応してしまうのです。 目のかゆみ、鼻水、息苦しさ、そして不眠症。まさに地獄な組み合わせ(泣) 花粉や鼻炎は人にとって最も重要な「呼吸」の妨げになってしまいます。 …