Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

我武者羅に生きるよりも、無我夢中でありたい。

投稿日:

僕は少年の頃から誰かと比べ劣っている自分を責めて葛藤を抱えていた。

両親は習字の塾やそろばん塾、家庭教師などの習い事をさせてくれた。

というよりも、本当の自分の意思に反してやっていたのだと思う。

親を安心させるためだったり、よく思われたかったりしたのだろう。

なによりも人と比べられる恐怖心が数字にトラウマを抱える原因になった。

今では人前で算数をする事はなくなったが、会社員時代は簡単な計算ができなくて苦労した。

そんな自分でも少年サッカーのリフティング大会でトロフィーをもらった記憶がある。

リフティングは僕がゆういつ結果を出せた競技だった。それは素直にボールを蹴る事が好きだから優勝できたりしたのだろう。

それから今に至るまで、僕はリフティングをできるだけ毎日、続けている。

リフティングを何のためにやっているのか?と、自問していた時期が長くあった。

たぶん、少年時代に失ってしまった自信というものをとりもどすためだろう。

本格的にフリースタイルフットボールに興味を持ったのは2014年頃だったと思う。そ

れから7年、楽しくなんて感じなかったことが多かったけどとにかく我武者羅に続けてきた。

自信を取り戻すために、しかし、自信なんてものは遠ざかっていくばかり。

我武者羅に頑張っても、上手くならなかったので何度も挫けそうになった。

だからとにかく意識せず、無我夢中で音楽を聴きながらやる事にした。

我武者羅とは、一つの目的に向かって夢中で取り組むさま。

無我夢中とは、心をうばわれ無意識的にただひたすら行動するさま。

目的を持って我武者羅に取り組む事も素晴らしい事だけど、それが重荷になる事もある。

目的を持つという事は結果にフォーカスしなければならないから。

結果とは競争意識に近いものがある。ある種、自分との闘いだ。

そうではなく、単純に楽しいと思える領域までに落とし込んでいきたい。

目的地にたどり着くための効率を求めるより、心のまま情動に任せて生きていたい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピンク色に染まる夕景と良いモノ2点

昨日、西の空が突如、ピンク色に染まりました。湿った空気、排気ガスと水蒸気が混ざり合い織りなす情景に感動しました。 どうです?こんな空にはなかなか出会うことはできません。これぞ自然のなせる芸。 そして今 …

自然現象の奇跡。

春の到来で、花粉症やアレルギー性鼻炎もちにはキビシイ時期ですが、 太陽や月に薄い雲がかかったときに、奇跡の自然現象が起こる事があります。 それは花粉によって見られる花粉光環という太陽現象の事です。 美 …

ウイルスに隠された真実

今、とあるウイルスが世界中に広まり、驚異を与えています。 コロナウイルス?というそうです。 コロナとは? 太陽や星など光る物体の周りに見られる淡い光の王冠(輪)のこと。 とある国は危機的な状況になって …

核家族問題。両親から与えられる常識と試練。

どおせ。おまえ。だめ。ちがう。こうあるべき。あいつは捻くれ者で、あなたこうで、わたしはこうだ!と世をすねる団塊世代。 就職、結婚、子供、母が私に向けて発せられるメッセージに扁桃体が反応し、吐き気と罪悪 …

自分の価値観をしっかり持ち、争いから抜け出そう。

人の悩みの最たるものは人間関係によるものと言われます。正しい正しくないといった考え方や価値観の違いを主張しあうと必ず争いが起きます。 人は安心安全が足りなくなると自分の存在価値を確認するため他者に対し …