Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

扉の先の大きな光を見たい。

投稿日:

簡単に開く扉よりも、なかなか開かない扉を選びたいのが人間の心理だ。

その扉を開いたときの喜びを味わいたいから。扉のさきにある光を見たいから。

目の前に立ちはだかるのが壁ではなく、扉と分かっていて、その先に光が見えているなら、力を尽くし、智恵を尽くせばいつか必ず扉は開くと信じることができる。

しかし、その扉が重くて開かなかったり、高く硬い壁であったとき、諦めるか、破壊して取りのぞくしかない。

そうこう考えているうちに、なぜ?扉を開かなければならないのか?なぜ?壁を壊さなければならないのか?

という疑問にたどり着く。

悩みというのは人の自我が作り出したもの、同じ、超えなければいけない扉も壁も人間自身が作り出してきたもの。

もともとは扉というものも壁というものも無かった、無の世界だったはず。

そこに物質をつくり、わざわざ創造と破壊を繰り返すようプログラムされているなが人間の存在。

我々は人生のプログラムを生きている。まるでなにか大きな存在に試されているようだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エネルギーを選択する

マスクをする、しない。ワクチンをうつ、うたない。世間ではさまざまな情報が飛び交っているようだけど…それに反応しすぎると重いエネルギーを蓄えてしまうし、それが精神や身体の健康を損ねる原因になってしまう。 …

本当の幸せとは…

「幸福な人は万物を求め…病人は一つだけを求める」幸せは波のようなもの、満たされない時期を乗り越えたあとに、人は本当の幸せを感じる事ができる。不快があるから快がある。苦しみは長くは続かないよ。

3次元という設定

この地球という次元では、時代ごとに設定された段階があるのだと思います。 人の世は常に流動しています。 縄文時代は狩をして生活し、江戸時代は国を奪った者が天下を取り、 昭和初期の時代は国のために戦地へ赴 …

結婚という制度を見直そう

結婚という制度は実に謎めいたシステムである。結婚観は人によって様々な見方がある。 自立であったり、責任であったり、憧れであったり、義務であったり、 特に、女性にとって、結婚は幸せの頂点であると言われて …

自分…とは

自分という存在とは何か?全体の中のひとつか?ひとつの個としての存在するのか? 僕から自分はという自我、自分対他人の境界が消えたとき、本質に気づけるだろう。 今は古くからの情報を親から押しつけられる。「 …