Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

支配者はそいつもまた何かに支配されている

投稿日:

今日は久しぶりに甥っ子と姪っ子に会えて嬉しかった。

甥っ子に誕生日プレゼントも渡せたし、姪っ子とは庭で一緒に遊ぶことができた。

でも、大人が子供に対して自分の考えを押し付ける場面をたくさん見た。

高校受験と就職を控えた甥っ子に対して妹の言動が酷く、気分が下がってしまった。

〜だからこうしないとダメ!どおして〜なの?そんなんで将来どおするの?みたいな。

大人は自分の考えを子供に押し付け、自分を正当化しようとしている。

親として子供の将来を心配しての言動であるのはとてもわかる。

しかし、型にはまった価値観を押しつけ、子供の自由を奪う行為は暴力そのもの。

誰もがお金という安定に支配されている。視野が狭く、一つの生きかたにこだわる。

お金のエネルギーは必要だが、他人の価値観を否定しては絶対いけない。

たとえ我が子であろうと。

経済システムは自由を奪っていく。社会の構造が変わらない限り人は変わらない。

管理者は管理される者を守るため責任を果たさなければならないのだという。

義務という牢獄に閉じ込められ、コントロールされていることに気づこう。

お金が関わるところに利権が存在し、人が人を不安や恐怖で動けなくしている。

感情という武器で。言葉という暴力で、私たちを苦しめている。

誰も悪くない。私たちは試されている。

だから、言葉にきおつけよう。人を否定する言葉や感情から離れよう。

そして寂しさや虚しさを押し付けてくる人から勇気を持って離れ、

大きな心で見守ろう。

私たちが恐怖に支配されないために。

そして恐怖で固められた大人たちを私たちが徐々に癒しへと導いてあげよう。

それは私たちの世代が与えられた魂の使命であり、生きる理由。

愛がすべてだ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

環境って大事

年末は実家で過ごすことが長男としての義務というジレンマ。犬だけが癒し。 …今年は年末という感じではない。安心、安全、安定とはほど遠い、闇との戦いだ。 実家はとにかくネガティヴな発言が多い。どおやらそれ …

「ねばならない」よりも「したい欲求」に忠実であれ!

今日は無風でとても蒸し暑いので、吐き気でフラフラになりながらブログを書いています。 熱中症で起き上がれないけど、自分のこれがやりたい!という声に従う事ができました! 誰かと比べるのではなく、自分の最善 …

眠りのなかに救いあり。

大切なこと、いろいろある。この世の設定の中で、人それぞれの人生ゲームがある。 でも、いちばん大事なことは、 睡眠だろう。 眠りが浅すぎても深すぎても眠りの質を高めることは必要。 むしろ眠りのなかにこそ …

太陽に照らされ、川の流れるままに行こう。

僕はただ、川の流れるままに生きて行く。水となり、流れに逆らわずにしなやかに、揺らいで落ちて、光に照らされながら進むべき方向を目指すのみ。 今日も夕陽が綺麗でした。 もう少し。あと少し。

夏のなごり

まだまだ暑い。