Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

日本の良さと悪さ

投稿日:

日本では、自己犠牲が美徳とされ、家族のため、世のため、人のために尽くし、弱音を吐かずに身を粉にして頑張ることが素晴らしいとする考え方が古くからあります。

これは高度経済成長期に下級国民と上級国民に分け、都合よく働かせるために支配層が仕組んだ洗脳教育であると言われています。これはあらゆる世代において根深く、潜在意識に刷り込まれていまっています。

友達、家族、親戚、若き日の僕も、自己犠牲は美しい!身を粉にして世のため人のために尽くすことは美しい!と本気で思っていました。良き納税者、良き消費者となる事が安定であると集団意識としての働きがありました。

本来人間は自分のために生き、自分の幸福を作ることが最大の目的であれば良いとある人から教えてもらいました。もしかしたら、こう言った願望実現や自己実現という考えすらいらないのではないかと思います。

人間は無意識だけで幸せになれるように生まれてきたのかも知れません。ですが、生きてゆくためにお金というアイテムが必要で、沢山の制約条件が課せられてしまいます。

僕は、私は、もう日本には貢献しません!と、ひとたび口にすれば、たちまち社会害悪とみなされ、周りから孤立してしまいます。だから上手く立ち回ることが大事だと教わりました。

あるがままを心に秘めた上で、相手にも少しずつ柔らかく、自分のために生きていいことを伝えて行ってください。

そうして自立して自分を生きる人が増えれば、無駄な争いも、足の引っ張り合いも、優しさや愛の押し売りもない、皆んなが認め合える世界となるのでしょう。

そんな世界になるには、すべてを崩壊させなければならないと思います。今は誰もが寂しさや不安を抱えている時代。誰もが、希望や夢を掴める時代になるように、地道に理想社会を作って行きましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いよいよはじまる集団左遷。

人間には無意識のなかに予知能力が備わっているのだと思います。 一年ほど前にテレビで集団左遷というドラマがやっていました。 そのドラマがまた現実で起きています。今に始まった事ではありませんけど… いよい …

我武者羅に生きるよりも、無我夢中でありたい。

僕は少年の頃から誰かと比べ劣っている自分を責めて葛藤を抱えていた。 両親は習字の塾やそろばん塾、家庭教師などの習い事をさせてくれた。 というよりも、本当の自分の意思に反してやっていたのだと思う。 親を …

自分のなかの光と闇を統合させ安心して突き進もう

ぼくらは社会に抑圧され自分が主人公であることを忘れている。 すでに現実を創造するチカラを持っている確信があるのに支配されたままでいる。 両親、友人、他人、社会により恐れや不安のスイッチが「パチン!」と …

母の日、花の日。

母の日を前に、母に花を買った。 でも、素直に喜んではくれなかった…逆に、気を遣わせたようだ… 僕がこんなんだから…でも、花が好きな母は花を写メしていた。 妹から紫陽花も(笑) 紫陽花は死を連想させるよ …

風の強い日

最近はスロースターター。 起きあがるのに時間がいる。 それでいいやと思っている。 でも、やるときはやる! 時の流れが早く感じる。 今日は風の音が聞こえる… 春風かな!? 3月だからな。 情報をとってな …