Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

最高の人生の見つけかた

投稿日:

先日、ツタヤで何となく借りたDVDが想像以上に良作で感激した。これまで観た日本映画の中で断トツに好きな映画になった。タイトルは「最高の人生の見つけかた」アメリカ映画をリメイクした日本版らしい。

終活映画と聞くと陰鬱な先入観を持ってしまいがちだが、人生はクライマックスからが面白いと思わせてくれて、人生の儚さと歓びを味わうことができる、

何となく手にとってみて良かったと思う。最初は家庭や社会生活で起こる閉塞的な問題を描いているが、最後はそこまで行くのか!という驚きの展開になる。

自分は何のために生まれてきたのか?と一度は思ったことがあるだろうか?人間は体験と快楽をするため生まれてきたと言える、では快楽を経験して、何を残したいのか?

それは、魂のかたわれ(運命の相手)と結ばて、後世に名を残すこと。生きた証しを石に名を刻むことだったり、紙(資産)を残すことだったり、子孫を残すことだろう。

そのために人生ゲームの主人公を演じるのだろう。だけど日々の生活に追われてゲームの主人公であることを忘れ病気になってからあたりまえができることが夢だったと気づく。

目が見える、耳が聞こえる、鼻がきく、声がでる。実はそれだけで価値があり、とくに笑顔は人の記憶に残る。

俺は主婦でもないし、女社長でもないけど、この映画には共感できた。あなたは普通の主婦でも会社員でもない。本当は無限の可能性を持った存在なのです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10000歩、越え。

7km歩いて約2時間の運動。 ちょっと疲れたけど、眠れないんだ。

朝日と雪

我が街にちょいと雪が降った。 静かな朝。 体調も良くて素晴らしい朝だった。

イメージすること。

右も左も、真ん中さえも無い。良いも悪いも感じつつ今を生きるだけ。過去も未来も今が決めているのだから、今を自由自在に生きて変幻自在にイメージしてゆけば良い。

悲しみにこころをまかせちゃだめだよ。

これはサンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」の歌詞だ。 悲しいは「非+心」で、心・胸が裂けるような切ない感じを表すのだそうだ。 楽しいだけで感じられる喜びは長くは続かず、その程度の感情しか生 …

コインの側面を知れ。

今の時代、生きていく選択肢は無数にあるが、世の中には仕掛ける側と仕掛けられる側の2つの側面しかないように見える。 仕掛ける側に真っ向から闘いを挑んでもほぼ勝ち目はない。多くは仕掛けられる側に甘んじ、善 …