Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

本気を出す練習。

投稿日:

今日は朝から受験を控えた甥っ子が実家に来ていました。昼から塾があるらしくせっかく実家に来てるのにずっとお勉強です。

まるで点数稼ぎみたいに書いて必死に記憶していました。休みの日も塾で本人はうんざりしてやる気も低下してました。

「これって将来なんの役に立つの?」と、思わず余計な事を聞いたらば、

横から親父が「バカ言え!これは就職するのに重要なんだぞ!」と、すかさずマウントをとってきました。

父親は長年、会社の重役として勤めた功労者かも知れません、しかし、上からの物言いにすごく嫌な気分にさせられます。

僕や母親が病気になる原因は父親のマウントによるものだと思います。

甥っ子は「そうだよ、こんなの覚えてもテスト終わるとすぐ忘れるからあまり意味はない。正直、休ませてほしい」と点数稼ぎの勉強に疑問を抱いていました。

親は、「今しかできないことだから。今がんばっておけば将来はきっと良いから」と甥っ子に言い聞かせています。

確かに受験を頑張ることって学生のうちにしかできない体験かも知れません。

しかし、いくら親が真剣になっても意味がないように思います。

まず本人の意思表明がはっきりしていることが重要ではないかと。

それにより受験勉強のウエイトも決まってくると思います。

親がいろんな学びの場を提供してあげられるほど経済的な余裕があれば良いでしょう。

しかし、親も子供を守るために必死で仕事をして忙しい、忙しいと言っています。

将来、就職するにせよ進学するにせよ、なぜやるのか、何のためにするのか、自分の意思を持ってほしいと思います。

いま、プログラミングやデザインなどの仕事が求められています。

ゲームという遊びを掘り下げたなかで見つかる学びも大事なのではないでしょうか?

タレントのふかわりょうさんが受験についてこんな発言をしていました。

「受験は本気を出す練習、意味があろうがなかろうが、受験という機会に一回自分の本気を出してみるとそれが後々、本当に本気を出したいときに効いてくる」

確かにそうだと思いました。

大人になると必要なときに急には本気を出せないことがあります。

ここぞってときに、力や集中力を使える人って成功体験が多いと思います。

親や先生のいいつけを守って良い子でいることも大事ではありません。

親や先生を安心させるためだけの学びなんてくそっ食らえだと思うんです。

学校に入って就職することだけが安定ではないとわかっていても、

日本の雰囲気に流され、教育制度にのっとり親が必死に勉強を子供に押しつけてしまう現実があります。

勉強って本当はすごく楽しいはずなんです。遊学という言葉があるように。

子供にもっと選択肢を与えてあげて視野を広げさせてあげても良いのではないか?とちょっとだけ思った土曜日でした。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

灼熱の太陽

真夏の太陽が最期の力を振り絞りなお輝こうとしている。蝉が暑いと鳴いている。 久しぶりの蹴り活投稿。 俺はもっとうまくなる。目標は自信を持って無心で蹴れるようになること。 今ここを確かめながら…

化粧という仮面をはがし、笑顔を魅せよう!

化粧とはなんだろう?主に女性が顔を美しく引き立てるものであったりする。 その昔、化粧は「けわい」「おつくり」「みじまい」などと言われていたそうだ。 化粧は本当の自分を隠す、欺く術ではあるが、身だしなみ …

blog連続記録また途絶える

10月30日、ブログを書き忘れ、記憶の中では2度目の連続投稿終了。。 この日は早朝にめまいで倒れ、その後、倦怠感があった。おそらく天候の変化が原因。 実家の僕の部屋は夏は暑くて冬は寒い!なので寝てるだ …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …

ひまわりマニア

梅雨明け本気か!?ってくらい暑い(笑) 今日もひまわりだらけです。 https://ko-the.com/wp-content/uploads/2019/07/export-5.mp4 https:/ …