Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚きと癒しの世界

未分類

核家族問題。両親から与えられる常識と試練。

投稿日:

どおせ。おまえ。だめ。ちがう。こうあるべき。あいつは捻くれ者で、あなたこうで、わたしはこうだ!と世をすねる団塊世代。

就職、結婚、子供、母が私に向けて発せられるメッセージに扁桃体が反応し、吐き気と罪悪感に襲われた日曜日の今日。

長男として何ひとつ親に与えられない自分の不甲斐なさを感じ、この感情を手放す事ができない焦りと苛立ちを募らせてしまう。

TVには小さな子どもを抱え幸せそうな若い家族が映し出される。まるで他人の幸せが常識であるかのように、これでもか!これでもか!と、

私たち核家族に向け映し出される。孫を両親に見せられない私はとても虚しい気持ちにさせられ、幸せを感じられずにいる。

私はTVから目を背け、両親に気を遣い、その場を取り繕う。母が文句や愚痴を言いながら作って出された料理を食べる。

食卓では出来るだけ間をつくらずに感謝を伝えられない父に代わって母の料理の感想や評価をしてその場を取り繕う。不器用な父は偉そうな発言をして、昔の武勇伝を話し始め、整った場の空気をわざわざ悪くする。

社会にとって、親にとって、私は失敗作でしかないのだと、いつまでも自分を卑下して自己肯定を下げてしまう。

この感情に逆らえば逆らうほど抑うつは私を追いつめる。本当は社会も、親も、自分も、誰も悪くはないはずなのに…実家に戻るたび違いを感じさせられてしまう。

私たち共同体はこの感情から抜け出し、負のループを断ち切らなくてはならない。

意地の張り合いはもうやめて、ありのままを称え合う存在として生きよう。

この世に生きる全ての繋がり(命)には意味があって、皆の意識はどこかでひとつに繋がっているのだから。

家族という制度。結婚という儀式。お金というシステムから抜け出して、違いを作ったり、争ったり、頑張りを要求したり、期待したりする事はもうやめにしよう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

彼岸花と柴犬

彼岸花を犬と見てきた。 まだ咲いてなかった… ピンクの彼岸花キレイ! 喜んでいるような顔の犬。 まだちょっと… 暑いね。 ほな。

向日葵の季節

梅雨が明け、いよいよ暑い夏本番!実家の近くのひまわり畑が綺麗でした。 向日葵を見ると元気がでます! 癒されます。 ドラマチックな夏を始めよう! では。

秋の思い出(前半戦)

10月に秋活した場所、は白駒の池と白水の滝とせせらぎ街道でした。そこで撮影した映像が多くてなかなか編集できません(汗) 主な撮影機材はスマホとGoPro Max。GoProはサブスクリプションを利用し …

喪失からひとつの道へ

孤独になって、眠りを忘れて、何でこんなことになったんだろうって思い悩んで失った25年、社会に抑圧され、心も体も失われ、徹底的に自由を奪われ、自分自身をも失った。 立て直すために行った精神科であたりまえ …

ムーミン展に遭遇。

退職の意を総務へ報告し、いよいよ書類が本社の人事部から送られてきそうです。 とにかく散乱している書類を整理するため、LOFTでホルダーを3つ購入しました。 書類を整理することでストレス障害も軽減し、生 …