Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

死生観について

投稿日:

最近、人の生死について深く考えさせられる事があります。古くから人が亡くなると近隣住民総出で故人を弔ってきました。

寺院に支援をおこなうため定期的にお坊さんにお金を払って死んだ人に戒名をつけてもらう檀家制度があります。

葬儀屋に高いお金を払って盛大な葬式を上げる方もいます。法事、墓参りは欠かさず行い、ご近所同士のつきあいも大事にしてきました。

しかし、時代が進み核家族化が進んだことで死の意味や新しい供養の形を皆が探し始めています。都心では屋内型の墓地があったり、水葬という形もあります。

子供の頃に一度、土葬という形で大好きだった親戚のおじいさんを見送った事もあります。あれは衝撃的でした

最近は家族葬が多く、病気である事を隠し、周りに悟られる事なく静かに逝く方もいます。地元の電気屋のおじさんも、大工の棟梁もそんな感じでいつの間にか亡くなっていました。

死を受け入れる方法は人や国によってそれぞれだからお墓や教会、寺院があっても良いのだと思います。

しかし、死というのは時々、人間におかしな行動をさせます。人の生死に経済的な働きや義務が必要な仕組って何だろう…?

そこに違和感と憤りを感じてなりません。資本主義の世界ゆえそれも正しき事なのでしょう。お金をはらい愛する人を埋葬して盛大な葬式で見送ってあげる事も大切であり。亡くなった人を偲び、残された人のために祈る事も必要。故人を偲び、今を生きていられる事に感謝を忘れずにいたいです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金を預けるということ

お金を貯めるとき、これまでは銀行に預けるということがあたりまえだった。 でも、最近はお金を銀行に預けるのではなく、自宅に保管する人も増えている。 それをタンス預金という。なぜ?タンス預金なのか? 銀行 …

3Qカットのスゴさ。

今日、生まれてはじめてサンキューカットで髪をカットしてもらった。そもそもサンキューカットとは何か?調べてみると、サン「キュー」カットの「Qに」意味が隠されているようだ。 サンキューカットの3つの「Q」 …

お盆というイベント終了

2021年夏、先祖の霊を祀る行事であるお盆が幕を閉じた。お盆という期間は日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事であるらしい。 我家は伝統を伝えている本家(ほんけ)として先祖代々受け継がれている家柄であ …

疲労感を手放して達成感を手に入れたい。

土日の実家からアパートへ帰ってきたけどなぜか疲れがきてしまった。 世間ではコロナによる非常事態宣言が一部の地域で解除され街や公園は人が集まったという。 僕は少しでもフリースタイルフットボールの練習がし …

no image

台風一過

台風10号が過ぎ去った朝、蒸し暑さと実家から解放された安堵感、将来に対する不安感が同時に押し寄せた一日だった。