Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

死生観について

投稿日:

最近、人の生死について深く考えさせられる事があります。古くから人が亡くなると近隣住民総出で故人を弔ってきました。

寺院に支援をおこなうため定期的にお坊さんにお金を払って死んだ人に戒名をつけてもらう檀家制度があります。

葬儀屋に高いお金を払って盛大な葬式を上げる方もいます。法事、墓参りは欠かさず行い、ご近所同士のつきあいも大事にしてきました。

しかし、時代が進み核家族化が進んだことで死の意味や新しい供養の形を皆が探し始めています。都心では屋内型の墓地があったり、水葬という形もあります。

子供の頃に一度、土葬という形で大好きだった親戚のおじいさんを見送った事もあります。あれは衝撃的でした

最近は家族葬が多く、病気である事を隠し、周りに悟られる事なく静かに逝く方もいます。地元の電気屋のおじさんも、大工の棟梁もそんな感じでいつの間にか亡くなっていました。

死を受け入れる方法は人や国によってそれぞれだからお墓や教会、寺院があっても良いのだと思います。

しかし、死というのは時々、人間におかしな行動をさせます。人の生死に経済的な働きや義務が必要な仕組って何だろう…?

そこに違和感と憤りを感じてなりません。資本主義の世界ゆえそれも正しき事なのでしょう。お金をはらい愛する人を埋葬して盛大な葬式で見送ってあげる事も大切であり。亡くなった人を偲び、残された人のために祈る事も必要。故人を偲び、今を生きていられる事に感謝を忘れずにいたいです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天から贈りもの

先ほど名古屋からの帰りに車中にてピキッ!という激しい音がしました。 窓ガラスに飛び石です。飛んできたというより橋の上から降って来た感じです。 幸運にも運転席の視覚から外れていました。これはまさしく天か …

人間の仕事って?

AIと人間の未来とは   今、人間の仕事がどんどんAI化されています。現実にわたしの仕事(作業)も機械化され、 機械の管理ができないわたしは会社のお荷物となり休職に追いやられました。 いずれ …

和合の道。

私は元職場の上司から暴言によるハラスメントがキッカケで私病が悪化した体験をしました。冗談や口癖であっても「しね」という言葉を言っては行けません。 しかし、会社側はそれを認めようとはしません。僕としては …

大変革は起きるのか

もうすぐ大統領選。これから大きな情報が開示されていくみたい。 日本列島公園を散歩してきた もっと多くの会社が倒産し、解雇、早期退職、出向に追い込まれる人もでてくるだろう。 今度ここでピックアップスケー …

人は存在してるだけで価値がある。他者や自分をラベリングするのはやめよう。

3日前におきた鉄欠乏症によるひどい貧血と吐き気も少しおさまってきて安心している。 でも、今朝はとても実家に帰る元気が無かったので今日は体調管理に集中した。 実家には柴犬がいて、美味しい料理を作ってくれ …