Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

江戸スタイルから学べるもの。

投稿日:

以前、ブログで江戸時代を生きた人がナンバ歩きをしていたって記事を書いた事がある。

よくよく調べてみると、江戸人がナンバ歩きを意識していた!という事実は無かった…

そう言った情報も戦後、日本人を弱らすためのつくられた情報であった可能性がある。

江戸人は「体の使いかた」ではなく「体の在りかた」に強さがあったと言われている。

つまり、生活する環境によって自然と歩きかたや姿勢や筋力が身についていたのだ。

鍛えようとしていたのではなく、自然体であっただけなのだ。

意外にも、トイレの歴史を紐解いてゆくと、昔の人たちの強さの意味がわかってくる。

江戸には仮設トイレに似たような個室トイレがあったと言われている。

そして、江戸のトイレは男女の性行為の場でもあったとのこと(//∇//)(照

永井義男「江戸の糞尿学」作品社より

この本、実に興味深い内容みたい!今度読んでみようと思う。

もとい、、

つまり、生活に力強さがあったという事!便所スタイルからもそれを感じる事ができる。

右の人、そりゃ足腰が鍛えられるわけよ!

そして現代人が忘れている脱力と呼吸、これは人にとって最も必要なもの。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰も家へは来ない

定期的に実家へ来てくれていた甥っ子も高校生となり、まったく顔を見せなくなった。僕はそれが普通だと思っているのだが、両親は寂しそうにしていたりする。 来なくなったのには理由がある。何かとうるさいからだ。 …

月が輝いていた。

夜の月が王冠をまとい輝いていた。 スマホじゃうまく撮れんかった(笑) 来週はあの湖へ月を撮りに行こう。

天に委ねる

今日、久しぶりに夕陽の見える場所までドライブしてきた。 とても素晴らしい光景に出会えた。 だけど傷は一向に癒えない。 沈む夕陽に別れを告げた。 この世界から僕が救われる事はあるのだろうか?それは神様し …

生きる意味は魂の奥底にある。

令和は人生100年時代。平成の平均寿命は85歳。さらに昔の人の平均寿命は45歳。 昔の設定を生きていたら、僕はもうとっくに過労死しているだろう。 昔は生きるために必死になって働いていた。この世に生きた …

自分はどおしたいのか?考えてみよう。

もし、今までの古い世界はリセットされ、リニューアルされ、比べるものがないフラットな世界がきたら、自分はどお生きて行きたいか?どお在りたいか?どういう世界、どういう社会であって欲しいのか?地球、地域、人 …