Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

点を線にして面で見る。

投稿日:

今まで色んな経験をしてきましたが、なぜか苦しいや辛い出来事は記憶に残ります。

良い経験もあったのでしょうけど、それらはあまり思いだせません。

だけど過去の苦しいや辛いは今を生きるために必要な点であると思います。

その点を線でつなげて面にしてみると、色んな角度から物事を見られる自分に気づきます。

たとえ歴史がウソだったとしても…それをどの角度から見るのかで今が決まります。

知り合いは最近、僕にこんなく言葉を投げかけてきます。

「今をどお生きるのかではなく、今までどんな人生を歩んできたのか?」が重要なのだと。

これはある有名人が言っていた言葉らしいのですが、その逆でもあります。

「今までどんな人生を歩んできたのか?ではなく、今をどお生きるのか?」が重要だ。

こうも言い換えられます。本当はどちらも正しいと思います。

「今までがどんな人生であっても良い、今をどお生きても良い。」

点を線でつなげて面にして、それを遠くから俯瞰して見る。

僕はそのような視点を持っていたい。つまり、二極に分けようとしないこと。

本当は光も闇もない、退屈な無の境地があるだけなのかも知れません。

私たちが生きる意味は、経験する事でも体験する事でもない。

ただ手放すことだけ。魂は小我から大我へと向かうのだと思います。

ネガティブもポジティブもありのままを感じきる事が必要なのだと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疲労感を手放して達成感を手に入れたい。

土日の実家からアパートへ帰ってきたけどなぜか疲れがきてしまった。 世間ではコロナによる非常事態宣言が一部の地域で解除され街や公園は人が集まったという。 僕は少しでもフリースタイルフットボールの練習がし …

寄り添うこと、付き添うこと。

「寄り添う」とは、体をそばに寄せ、心を寄り添い、相手の気持ちを理解する意。 「付き添う」とは、弱い者や小さな者のように世話や保護を必要とする者のそばにいる意。 今日は母親からスマホの機種変更に付き添っ …

梅の集落

愛知県新城市にある「梅の里 川売(かおれ)」の梅を見てきました。 穏やかな山地に梅が優しく咲いていました。 ピンクとブルー 本気の写真はまた今度。

アパシー・シンドローム症候群というやまい。

現代病のひとつと言われる「無気力症候群」アパシー・シンドローム。 いま、私たちの周りには魅力的なコンテンツがたくさんある。 それらサービスを安く、簡単に、見たり聞いたりする事ができる。 便利で刺激的な …

クライミライ

今日、犬の散歩中に同じ悩みを抱えた友人からスマホに連絡があった。 どおやらクルマが壊れてしまったらしく一人暮らしは限界のようだ。 そうなると実家に帰るか団地に住むかクルマに住むかの三択になる。 団地に …