Shining-Stones:いしくれブログ

愉快な驚き、癒しの世界

未分類

物をつくらない仕事とは

投稿日:2019年10月3日 更新日:

いま「物を買う」から「体験を買う」ことに意識を向ける必要があると言われてます。

モノを売る会社は、体験を売る会社へとシフトチェンジしています。

大企業トヨタも人の移動を支えるサービス企業になろうとしています。

e-パレット という サブスクリプション方式のサービスが近い未来には実現しそうです。

今は、自家用車に乗ってお店まで行かなくてはならないけど、

将来はe-パレットをスマホアプリから呼び出せば、移動式のクルマがお店として自分の所まで来てくれる

e-パレットは宅配だけでなく、移動式ホテル、移動式飲食店、タクシー代わりにできたり、ビジネスとしても使うことができる。まさに、車も所有から共有なのです。

もはやカーシェアリング、自動運転の時代に突入しています。それに内装は未来的だし、癖のないデザインでワクワクします。

自分のビジネス、コンテンツがあれば、このクルマを利用してさまざまな場所で自分の価値を提供することができる。

工場で汚染物質を流しながら新しいモノをつくるよりも、既存のものとものを組み合わせて、体験型の環境をつくること。

これが実現されると、人や環境に優しい地球にシフトチェンジしていくかも知れません。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人も季節もうつろいゆく。

地元は戦場ですよ、皆んなが詮索してくるし、期待もされる…もう自分は前とは違うのに… 世の中は知らぬ間に変化している。季節もまた夏から秋、秋から冬へと移ろってゆく。 ときどき頭とか身体が思うように動かな …

イメージすること。

右も左も、真ん中さえも無い。良いも悪いも感じつつ今を生きるだけ。過去も未来も今が決めているのだから、今を自由自在に生きて変幻自在にイメージしてゆけば良い。

未来都市スマートシティーが現実に!

先日、TOYOTAとPanasonicが実験都市として富士山のすそのにスマートシティーを2021年〜2026年に建設するとの発表がありました。 ウォーブンシティーたる名の未来型都市には選ばれたクリエイ …

騒音との闘いも一旦、収束。

先月からアパートの隣りの住人が深夜に不気味な叫び声をあげるようになっていた。数年前から不愉快になる騒音被害を受け、管理会社に相談して一度は解決した問題だったのだけど… また、同様な事が起こってしまった …

動物は人に癒しを与えてくれる

動物は人に癒しを与えてくれる。動物は楽しみのために殺すことをしない。 生き物が苦しみ死んでゆくさまを見て楽しむのは、人間だけなのだ。